ニュース

アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点

アメリカ代表が親善試合でオーストラリア代表に勝利。ケンバ・ウォーカーが23得点をマークした

現地8月22日にオーストラリア・メルボルンで行われたアメリカ代表とオーストラリア代表の親善試合は、102-86でアメリカ代表が勝利した。

試合会場となったマーベル・スタジアムの特設バスケットボール・コートは地面よりも1段高い場所に作られたため、アメリカ代表のグレッグ・ポポビッチHC(ヘッドコーチ)は「コートから落ちないように絶えず足元を気にしていた」とジョークを飛ばしていたが、ひとたび試合が始まれば、何も問題無くいつも通りの名将ぶりを発揮した。

この試合は、オーストラリアで行われたバスケットボールの試合で最多となる51218人もの観客を動員した。

アメリカ代表では、ケンバ・ウォーカー(ボストン・セルティックス)が23得点、マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)が15得点、14リバウンドという活躍を見せた。

試合後、ウォーカーは「俺はこのチームのリーダーの1人だから、チームにリズムを作ることが自分にとっての重要な役割だと思っている」と語った。

13得点を記録した先発ガードのドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)は「自分たちは、一緒にプレーし始めたばかり。前半の出足は悪かったが、第3クォーターに入ってディフェンスからリズムを掴めた」とコメントしている。

オーストラリア代表では、パティ・ミルズ(サンアントニオ・スパーズ)とクリス・ゴールディングがそれぞれ19得点を記録した。試合後、ミルズは大観衆を集めた試合について「素晴らしい機会だった。オーストラリアのバスケットボール界は、こういった機会を待ち望んでいた」とコメントしている。

アメリカ代表のステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)やレブロン・ジェームズ(ロサンゼルス・レイカーズ)、オーストラリア代表のベン・シモンズ(フィラデルフィア・76ers)といったスター選手が代表入りを辞退したことで、数名のファンがこの試合のチケットの払い戻しを要求したというリポートもある。しかし、ハーフタイムの直前にオーストラリア代表が6連続得点を決めて追い上げた際には、会場は大きな歓声に包まれた。

アメリカ代表は、2006年の世界選手権で銅メダルに終わって以降、メジャーな国際大会で78連勝を続けている。2006年以降、FIBAワールドカップで2度(2010年と2014年)、オリンピックで3度(2008年、2012年、2016年)、FIBAアメリカズ・トーナメントで1度(2007年)優勝している。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.