ニュース

今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜

1995年の6月14日、ヒューストン・ロケッツがオーランド・マジックに113対101で勝利、6位シードからの優勝というNBA史上初の快挙を成し遂げた。実はこの試合でヒューストンは、さらに2つの史上初を達成している。

1つは、ファースト・ラウンドのユタ・ジャズ、カンファレンス・セミファイナルのフェニックス・サンズ、カンファレンス・ファイナルのサンアントニオ・スパーズ、そしてファイナルのオーランドと、全ての対戦相手がシーズン50勝以上を挙げていたことだ。シーズン50勝以上は強豪の証だが、そんな強豪チームを4シリーズ連続で倒しての優勝は史上初のことだった。

もう1つは、ファイナルでの1試合におけるスリーポイント成功数の更新だ。こちらの記録は対戦相手のオーランドと共に達成している。オーランドが14本、ヒューストンが11本を決め、1試合25本のスリーポイントを成功させた。今でこそ二桁本数のスリーポイント成功もよく見る光景だが、この時代はまれで、両チーム共に二桁本数のスリーポイントを沈めたのは衝撃的だった。ちなみにこの試合では、オーランドのアンファニー・ハーダウェイとブライアン・ショウが5本、ヒューストンのロバート・オーリーとマリオ・エリーが4本のスリーポイントを沈めている。

ダブドリ編集長:大柴壮平

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.