ニュース

ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング

来期の契約オプションを放棄してフリーエージェントとなることを明言したボストン・セルティックスのカイリー・アービングは、現在のエージェントとの契約を破棄し、新たなマネジメント事務所と契約を結ぶと報じられている。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、アービングは2011年のドラフトで全体1位指名をされた時からエージェントを務めていたジェフ・ウェスクラー氏との関係を終え、「Roc Nation Sports」と契約を結ぶ見込みだという。

ラッパーで元ブルックリン・ネッツのオーナーの1人として知られるジェイ・Zが創設した「Roc Nation Sports」は、キャリス・ルバート(ネッツ)、ダニー・グリーン(トロント・ラプターズ)、ジャスティス・ウィンズロウ(マイアミ・ヒート)ら複数のNBA選手をクライアントに持っている。

元々、ニュージャージー州を本拠地にしていたネッツは、2004年に売りに出された際にニューヨークに本拠地を移すという計画が浮上していた。この時期にオーナーの1人に加わっていたジェイ・Zは、2012年にネッツがニューヨークのブルックリンに移転した際に深く関わっていたという。

その後、スポーツ選手のマネジメント事務所「Roc Nation Sports」を立ち上げたジェイ・Zは、NBA選手のマネジメントを行うためにネッツのオーナー権を手放している。(NBAの規定で球団オーナーが選手のマネジメントを行なうことが禁止されているため)

もし、アービングがネッツと深い繋がりのある「Roc Nation Sports」と契約を結んだ場合、今夏のFA(フリーエージェント)市場でのアービング争奪戦でネッツが一歩リードしたと言えるだろう。

一方、この報道があった直後に「NBA Central」がSNSに投稿した1枚の写真が波紋を呼んでいる。

「DLo(ディアンジェロ・ラッセル)公認」と書かれたキャプションと共にネッツファンがラッセルのジャージーとアービングのネッツのカスタムジャージーを並べて撮った写真を上げた投稿に、ラッセルが「いいね!」をしていたからだ。

ネッツのガードであるラッセルもまた、今夏に制限つきFAとなることを考えると、ネッツが同じくガードであるアービングとラッセルの両方をサインすることは想像しにくいだろう。

しかし、このようにアービングを取り巻くFAの噂は確実にネッツに傾いていることが分かる。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.