ニュース

ケビン・デュラントが練習を再開

戦線離脱中のケビン・デュラントが練習を再開した

ケビン・デュラントが現地日曜日に久々にバスケットボールをプレーした。

ゴールデンステイト・ウォリアーズは、翌月曜日の試合に彼がプレーすることを願っている。

右ふくらはぎの肉離れで戦線離脱中のデュラントは、1勝3敗とウォリアーズにとって後が無くなったNBAファイナル第5戦での復帰を目指している。現在、彼の状態は「questionable(試合に出場できるかどうか微妙な状態)」になっている。

優勝するためには、ウォリアーズはここから3連勝するしかない。

スティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「彼はチームの若手選手と一緒に追加練習をする予定だ。我々は、その時の様子をもとに、彼の怪我の状態を更に探る予定だ」とコメントしている。

ウォリアーズは第5戦の前日の日曜日に行ったチーム練習に先立って記者会見をしたが、デュラントは会見には出席しなかった。レギュラーシーズン中に1試合平均26得点を記録したデュラントは、プレイオフに入って平均34.2得点を記録していた。

デュラントが戦線離脱して以降のウォリアーズの成績は6勝3敗だ。

NBAファイナルでウォリアーズと対戦しているトロント・ラプターズは、2006年1月22日(現地時間)にコービー・ブライアントに81得点を決められている。それ以降、ラプターズは1175試合プレーしているが、その間にラプターズ相手に1試合で最も多い得点を決めたのはデュラントで、彼は2度も51得点を記録している。

デュラントは、オクラホマシティ・サンダー時代の2014年3月21日(現地時間)と、ウォリアーズ移籍後の昨年11月29日に51得点を記録している。その2試合とも、会場はトロントのホームだった。たとえ彼が100%の状態ではないとしても、彼の復帰はラプターズにとって嫌な要素になるはずだ。

しかし、もちろんラプターズにも確固としたゲーム・プランがある。

ラプターズのカイル・ラウリーは「デュラントはMVPで、オールNBAに選出される選手で、オールスター選手で、ファイナルMVPだ。だが、もし彼が復帰したとしても、俺たちはそのことに気を取られてはいけない。俺たちは自分たちのプレーに集中しないといけない」とコメントしている。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.