ニュース

ダン・ギルバート氏は快方に向かっている模様

先月、脳卒中で倒れたキャバリアーズのオーナーのダン・ギルバート氏は、快方に向かっているようだ

先月、脳卒中のため病院に搬送されたクリーブランド・キャバリアーズのオーナーのダン・ギルバート氏は、まだ入院してはいるものの病状は快方に向かっているようだ。

クイックン・ローンズ社のジェイ・ファーナーCEOは声明文の中で、ギルバート氏の家族が「彼は得意のユーモアも冴え渡っているし、順調な回復に専念している」と語っていることを明かした。また、ファーナーCEOは、入院中のギルバート氏が自分の大好きな飲み物を病院側にリクエストしたが、その飲み物は病院に用意されていなかったため、ギルバート氏が「この病院が飲み物に関する最善の措置をしているかどうかレビューしたい」と主張した逸話も披露している。

ファーナーCEOによると、ギルバート氏の家族は周りのサポートに感謝しているそうだ。また彼は、「ギルバート氏の回復には時間がかかるが、我々は、彼が今までと同じようにこの挑戦に打ち勝つと信じている」と付け加えた。

57歳のギルバート氏は、現地5月26日に脳卒中のためデトロイト市内の病院に搬送された。

ギルバート氏は2005年にキャバリアーズのオーナーになった。彼は、全米最大のローン会社であるクイックン・ローンズの創設者だ。この会社以外にも、彼はオハイオ州とミシガン州に数多くの会社を所有して巨大なビジネス帝国を築き上げている。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.