ニュース

スーパースターの息子たちが今秋からチームメートに

かつてチームメートとして2度のNBA制覇を果たしたレブロン・ジェームズと今シーズンをもってNBAを引退したドウェイン・ウェイド。今度は彼らの息子たちがチームメートとして優勝を目指す姿が見られることになる。

「Los Angeles Daily News」によると、ブロニーの愛称で親しまれているジェームズの長男、レブロン・ジェームスJr.とウェイドの長男であるザイール・ウェイドが、カリフォルニア州、シエラ・キャニオン高校のバスケ部でチームメートになるという。

今秋に高校2年生となるブロニーと4年生になるザイールはどちらも優秀なガードで、以前からSNSで注目を浴びていた。また、来年に高校を卒業するザイールは既に2つの大学からオファーを受けているという。

一方、2010年に地元クリーブランド・キャバリアーズを退団し、当時ウェイドやクリス・ボッシュが在籍していたマイアミ・ヒートに入団したジェームズ。ビッグ3と呼ばれたジェームズ、ウェイド、ボッシュのトリオは、現代の「スーパーチーム」の先駆けとなった。

そして、ジェームズとウェイド率いるヒートは、2012年と2013年に2年連続でNBA制覇を果たしている。

翌年の2014年、ジェームズがキャバリアーズに戻ることを決断し、2人は別々の道を歩むこととなったが、今度は2017年にウェイドがキャバリアーズと契約し、再会を果たしている。しかし、2018年にウェイドが再びヒートにトレードされたため、2人がキャバリアーズで一緒に過ごした時間は短い。

同じ2003年にドラフトされた2人は長期にわたり親友関係を築いていた。昨年12月、ジェームズとウェイドの最後の顔合わせとなったレイカーズとヒートの試合後、2人はジャージーを交換している。また、インタビューでは互いに感情的なコメントを残しており、2人の関係がいかに濃密なものだったかを物語っていた。

そんな2人の足跡をたどるブロニーとザイールが、高校バスケ部で「スーパーチーム」を結成することが期待されている。

尚、ブロニーとザイールがこの秋に転向するシエラ・キャニオン高校は、昨シーズンで32勝3敗を記録しカリフォルニア州のチャンピオンとなっている。

スーパースターの遺伝子を引き継ぐ2人の今後の活躍に注目だ。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.