ニュース

ドレイクの観戦マナーについてステフィン・カリーが言及

ESPNのミッシェル・スティール記者によると、トロント・ラプターズは、ミルウォーキーバックスとのカンファレンス・ファイナルズ中に、NBAからドレイクの素行に関する注意を受けていたという。

カナダ出身の人気ラッパーであり、ラプターズのグローバルアンバサダーであるドレイクは、昨年もNBAから警告を受けていた。昨年のクリーブランド・キャバリアーズとのプレーオフ・シリーズで、当時キャバリアーズのセンターであったケンドリック・パーキンスと口論になり、暴言を吐いたためだ。

今年のプレーオフもいつものようにコートサイドのVIP席からラプターズを応援していたドレイク。

フィラデルフィア・セブンティシクサーズとのシリーズでは、シクサーズのスーパースターであるジョエル・エンビードが退場する際に、彼のダンク後のパフォーパンスである「飛行機ダンス」を真似てラプターズファンを盛り上げていた。

また、バックスとのシリーズでは、バックスのエースであるヤニス・アデトクンボがフリースローを外した際に、笑いながら彼をからかいラプターズファンを沸かしていたのも記憶に新しい。

このように、お調子者であるドレイクの行動は周りを楽しませることが多かったが、時おり行き過ぎていると批判を買っていた。

そして、今回はバックスとのカンファレンス・ファイナルズ第4戦で、ドレイクがラプターズのヘッドコーチであるニック・ナース氏の肩を揉んだことが問題となっている。この行為はNBAリーグセキュリティーが定めたファン行動のルールに反しているため、ラプターズが注意を受ける形となった。

また、これを受けてNBAコミッショナーのアダム・シルバー氏は、リーグの全球団にファン行動のルールを施行するように念を押している。

一方、NBAファイナルズでラプターズと対戦するゴールデンステイト・ウォリアーズはドレイクの素行を問題視していないようだ。

ウォリアーズのヘッドコーチであるスティーブ・カー氏やスーパースターのステフィン・カーリーは、ファンを楽しませており、NBAを盛り上げているので特に問題はないと、ドレイクのコートサイドでの行動についてコメントしている。

文:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.