ニュース

トレードの噂:アンソニー・デイビスのトレードベイトとなる可能性がある有望な若手選手

夏が近づくに連れてFAやトレードの噂が急速に増加しているが、その中でも度々ニュースのトップを飾り、注目を浴びているのがアンソニー・デイビスを取り巻く大型トレードの噂だ。

今年1月に所属するニューオーリンズ・ペリカンズにトレードを要求したデイビス。ペリカンズとしても、来年にデイビスがフリーエージェントとなる前に、他の有力な選手や資産とトレードしてしまった方が得であるとの見方が一般であり、今オフにトレードされることが囁かれている。

多くの球団がデイビス獲得を狙う中、今回はデイビス獲得のトレードベイト(トレードで選手を獲得するためにチームが代わりに差し出す選手)に使われてしまう可能性のある有望な若手選手を紹介したい。

デイビスの移籍先として名乗りを上げている球団の一つにボストン・セルティックスがある。そして、デイビス獲得のための重要なトレードベイト候補として挙がっているのがセルティックスのジェイソン・テイタムだ。

今シーズンは期待されていたほどの活躍はしなかったものの、テイタムは平均18.2ポイント、7.0リバウンド、2.5アシスト、シュート成功率45%を記録。また、1試合の平均プレー時間は36分、そして3ポイント成功率に至っては37.3%をマークしている。この記録は20歳以下のルーキー選手で歴代最高記録となった。

ESPNのブライアン・ウィンドホースト氏は、テイタムがペリカンズにトレードされる噂について、テイタムにとっても球団の顔として活躍できるチャンスだと言及している。また、今年のドラフト全体1位指名権を得ているペリカンズが、恐らくデュ―ク大のスーパースターであるザイオン・ウィリアムソンを指名することを考慮すると、テイタムにとってペリカンズは魅力的な移籍先になるだろう。

セルティックスが今オフにトレードされる可能性のあるデイビスを獲得できるかは分からない。しかし、もしペリカンズとの交渉が行われるのであれば、発展途上にあり、まだまだ伸びしろの多いテイタムがパッケージの中心として提示される可能性が高い。

文:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.