ニュース

ブレイザーズがニール・オルシェイ氏との契約を延長

ブレイザーズが、バスケットボール運営部門社長のニール・オルシェイ氏との契約を延長した

ポートランド・トレイルブレイザーズが、バスケットボール運営部門社長のニール・オルシェイ氏との契約を2023-24シーズンまで延長した。

球団のオーナーであるポール・G・アレン・トラストのジョディ・アレン氏は、オルシェイ氏との契約延長について「ニールは、多くの選手を発掘し、タレントを維持することで、ブレイザーズを長年に渡ってプレイオフ・チームとして君臨させてくれた。そして今シーズン、チームはウェスタン・カンファレンス・ファイナルにまで駒を進めた。私は、彼がポートランドで築き上げた文化を信じている。そして、それが今後も成長していくことに期待を寄せている」とコメントしている。

オルシェイ氏は「故ポール・G・アレン氏の意思を引き継ぎ、ジョディ・アレン氏やテリー・ストッツHC(ヘッドコーチ)らと共に今後もブレイザーズで手腕を発揮できることを光栄に感じている。我々はポートランドを愛している。Rip Cityが迎える未来の一部になれて、とても幸せだ」という声明文を発表した。

2012年からブレイザーズのバスケットボール運営部門社長を務めているオルシェイ氏は、デイミアン・リラードとCJ・マッカラムを中心としたチーム作りを進め、ブレイザーズを優勝候補の1つにまで成長させた。最近では、トレードやオフウェイバーを利用してユスフ・ヌルキッチやロドニー・フッド、エネス・カンターといった有能な選手を上手く集めたことでも知られている。オルシェイ氏の堅実な強化が実を結び、ブレイザーズは今シーズン、2000年以来となるウェスタン・カンファレンス・ファイナルに進出した。

オルシェイ氏は、ブレイザーズに来てから1ヶ月と経たない時にリラードをドラフトで指名し、2012年8月7日(現地時間)にテリー・ストッツ氏をヘッドコーチに迎え入れた。また、彼が2013年のNBAドラフト1巡目全体10位で指名したマッカラムは、2015-16シーズンのMIP賞を受賞するまでに成長を遂げている。

 

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.