ニュース

ドレイク、コートサイドでのマナーに批判殺到

カナダ出身の人気ラッパーであるドレイクは、トロント・ラプターズのグローバルアンバサダー、そしてチームのナンバー1ファンとしても有名だ。ラプターズのホームゲームでは、その姿をコートサイドで見ない日がないと言っても過言ではない。そんなドレイクの試合中の言動が行き過ぎているのではないかと議論されている。

コートサイドのVIP席に座るドレイクが試合中にコートサイドをうろつき、敵チームの選手を馬鹿にする姿が、ラプターズファンの間でちょっとした名物になっている。日本時間の今月22日に行われたミルウォーキー・バックスとのカンファレンス・ファイナルズ第4戦でのドレイクのマナーについて批判が殺到した。

この日も相変わらずやりたい放題のドレイクは、時折サイドラインを歩き回りながらバックスの選手にちょっかいを出していた。バックスのヤニス・アデトクンボがフリースローを外すと、嬉しそうに立ち上がり馬鹿にしにいった。

第4クオーターにラプターズが14点差でリードすると、興奮したドレイクはラプターズのヘッドコーチであるニック・ナース氏に近づき、彼の肩を揉んだ。この行動が少し行き過ぎているとSNS上で批判が殺到。

NBAリーグセキュリティーが定めたファン行動のルールによると、選手、コーチ、レフェリー、他のファン、そして試合関係者に対する攻撃的な言動、物理的な接触、試合進行の妨害、及びコート内への侵入などの不適切な言動は認められず、ルールに従わない場合は退場させられることになっている。

定められているルールのほぼ全てに違反していたドレイクに対して、バックス関係者やファンからのクレームが殺到している。

バックスのヘッドコーチであるマイク・ブーデンホルザー氏は、ESPNのマリカ・アンドリューズ記者との電話会議で以下の通り述べている。

「ドレイクがラプターズにとってどういう存在であろうと、ファンがコート内に立ち入ることは絶対認めない。」

ドレイクの不適切な言動の数々に痺れを切らしているブーデンホルザー氏は、シリーズの残りの試合をドレイクに好き勝手させるつもりはないようだ。

NBA解説者やファンは、ドレイクがリーグの定めたルールに違反していることを指摘しているが、この一連の騒動についてNBAは未だにコメントをしていない。グローバルアンバサダーというポジションにいるドレイクには、このルールは当てはまらないのだろうか。NBAがドレイクの言動についてどういう対応を取るかに注目だ。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.