ニュース

キャバリアーズのオーナーがカイリー・アービングのトレードを振り返る

キャバリアーズのオーナーのダン・ギルバート氏がカイリー・アービングのトレードを振り返った

2017年のオフに、クリーブランド・キャバリアーズがカイリー・アービングを放出し、ボストン・セルティックスから将来の1巡目指名権、アイザイア・トーマス、アンテ・ジジッチ、ジェイ・クラウダーらを獲得したトレードは、キャバリアーズにとって大成功だったようだ。

キャバリアーズのオーナーのダン・ギルバート氏がアービングのトレードについて語った内容が、現地5月22日のCleveland Plain Dealerに掲載された。このコメントの中で、ギルバート氏は、アービング自身がトレードを希望していたことや、彼のエージェントが「もしトレードされなかったら、きっと彼は膝の手術に踏み切るだろう」という揺さぶりをかけてきたことを明かした。その時の状況を振り返って、ギルバート氏は「あのトレードは球団にとって最善の策だった」と判断したようだ。

「我々は、何の見返りもなく全てを失うかもしれなかった。あの時にコビー・アルトマンGM(ゼネラルマネージャー)が下した決断は、我々にとって大正解だったんだ」

ギルバート氏は「アービングは、完全フリーエージェントになる今夏にセルティックスを去るだろう」と予想している。

アービングは、セルティックスでのここまでの2シーズンで1試合平均24.1得点、61アシスト、4.4リバウンドを記録し、NBAオールスターにも2年連続で出場している。彼は2018年のプレイオフは怪我により全休したが、今年のプレイオフではセルティックスの中心選手としてプレーし、カンファレンス・セミファイナルまで進んだ。

キャバリアーズは、アービングのトレードで獲得した1巡目指名権(ブルックリン・ネッツ経由)でコリン・セクストンを指名した。セクストンは2018-19シーズンのオール・ルーキー・セカンドチームに選出されている。ジジッチは、今シーズンはキャバリアーズの控えセンターとして及第点の活躍を見せた。クラウダーとトーマスは、アービングのトレードからしばらくして再び他のチームにトレードされた。(クラウダーはユタ・ジャズへ、トーマスはロサンゼルス・レイカーズを経て現在はデンバー・ナゲッツに移籍している)

 

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.