ニュース

トレードの噂:ロサンゼルス・レイカーズ

ニューオーリンズ・ペリカンズにトレードを要求しているアンソニー・デイビス獲得を目論んでいたロサンゼルス・レイカーズは、2月のトレードデッドラインに向けて行ったペリカンズとの交渉が決裂。レイカーズは、今オフもデイビス獲得を目指すと噂される一方で、幾つかの代替案も用意しているようだ。

スポーティングニュースのショーン・デベニー氏によると、レイカーズはワシントン・ウィザーズのブラッドリー・ビール、トロント・ラプターズのカイル・ラウリー、ユタ・ジャズのデリック・フェイバーズらの獲得も視野に入れているという。

スーパースターのレブロン・ジェームスをオフシーズンに獲得したにも関わらず、2018-2019シーズンを37勝45敗と残念な結果でプレーオフを逃したレイカーズにとって、レブロンの脇を固めるロスター再建は不可欠だ。

そんな中、レイカーズがデイビスを獲得できない場合の代替案として、ウィザーズのビールがトップ候補として挙がっているとデベニー氏は指摘している。

2年連続でオールスターチームに選出されている25歳のビールは、今シーズン、キャリアハイとなる平均25.6ポイント、5.5アシスト、5.0リバウンド、シュート成功率47.5%を記録。

オープンシュートを得意とするビールは、プレーメイクでスペースを空けられるレブロンとの相性は抜群だ。

2番目の候補として挙がっているはラプターズのライリー。5年連続でオールスターチームに選出されている33歳のライリーは、近年のラプターズの成功の大きな要因となっている。

今シーズンは、平均14.2ポイント、4.8リバウンド、8.7アシスト、シュート成功率41.1%を記録。カワイ・レナードがチームに加わってからの平均得点は例年と比べて下がっているが、ボールを回す役割に転換したロウリーの平均アシストはキャリアハイを記録している。

レブロンと共にチームを牽引するリーダーを望むレイカーズにとって、ベテラン司令塔のラウリーは適した候補の一人だ。

そして、最後の候補は27歳のフェイバーズ。パワーフォワードとセンターを兼任するフェイバーズは、今シーズン、平均11.8ポイント、7.4リバウンド、1.4ブロック、シュート成功率58.6%を記録。

フェイバーズは、スーパースターレベルの選手ではないが、レイカーズの有能なロールプレーヤー候補として注目されている。

アーカイブ

ラプターズの優勝パレードの会場で発砲事件
ラプターズがトロントで優勝パレード!!
NBAドラフト間近!最新のモックドラフトをチェック!
ジュリアス・ランドルがフリーエージェントに
イゴール・ココスコフ元サンズHCがキングスのACに就任
スティーブン・アダムスはニュージーランド代表に参加せず
ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.