ニュース

ジュリアス・ランドルがペリカンズとの2年契約に合意!!

レイカーズからフリーエージェントになったジュリアス・ランドルが、ペリカンズと2年契約を結ぶようだ

ロサンゼルス・レイカーズからフリーエージェントになったジュリアス・ランドルが、ニューオリンズ・ペリカンズに加入するようだ。

この契約により、2014年のNBAドラフト1巡目全体7位でプロ入りしたランドルは、NBA最高峰のビッグマンであるアンソニー・デイビスと、シャープシューターとして名高いニコラ・ミロティッチと共に強力なフロントコートを形成することになる。ペリカンズの新加入選手について、The Times-Picayuneのウィル・ギルロイ記者が、以下のようにまとめている。

「プロ入り5年目を迎えるジュリアス・ランドルが、ペリカンズと2年1800万ドル(約20億円)の契約で合意した。ペリカンズは、ミッドレベル例外条項を使ってランドルと契約しており、2年目の契約はプレーヤーオプション(契約を続行するか契約を破棄してフリーエージェントになるかを選手自身が決められる権利)となっている。来シーズン終了後にランドルがプレーヤーオプションを破棄した場合、彼は来夏に再び完全フリーエージェントとなる。
既にサラリー総額に余裕が無い状態で今オフシーズンに突入したペリカンズは、今夏に最初に契約を交わしたエルフリッド・ペイトンとの1年270万ドル(約3億円)の契約にもミッドレベル例外条項を使う予定だ。

器用なビッグマンとして知られるランドルは、ゴール下のプレーもゴールに対面した状態からのプレーも得意としている。昨シーズン、レイカーズは彼に広いスペースを与えてボールをコントロールさせた。昨シーズン、ペリカンズはデマーカス・カズンズに同様のプレーをさせていたので、ランドルもすぐにチームにフィットするだろう。」

プロ入り以降、レイカーズの控え選手として活躍してきたランドルは、4シーズンのキャリア通算で1試合平均13.5得点8.9リバウンド、フィールドゴール成功率49.3%という成績を残している。

アーカイブ

ドラフト・ロッタリー直後のモック・ドラフトをチェック!
マジック・ジョンソンとラリー・バードが生涯功労賞を受賞へ
NBAドラフト・コンバインでタッコ・フォールの株が急上昇?!
ケビン・デュラントがカンファレンス・ファイナル第2戦を欠場
NBAファイナル2019パブリックビューイングパーティー開催決定!豪華ゲストも来場予定!
NBAモックドラフト2019:八村塁は17位でブルックリン・ネッツへ
人気上昇中のメンフィス・グリズリーズと渡邊雄太の存在
ベン・シモンズがFIBAワールドカップに出場へ!
ジェリー・ウェスト氏の続投が決定
アンソニー・デイビスは依然としてトレードを希望?
ペリカンズが今年のドラフト1位指名権を獲得!!
アンソニー・デイビス獲得を狙うニューヨーク・ニックスに影響を与えたNBAドラフトロッタリー2019
ケビン・デュラントの復帰はまだまだ先?
シクサーズのブレット・ブラウンHCが続投へ
ケビン・デュラントとカイリー・アービングのニックス移籍は95%確実?
キャバリアーズの新ヘッドコーチが決定!
カンファレンス・ファイナルのスケジュールが決定
カワイ・レナードのビッグショットにNBA選手も大興奮!!
トロント・ラプターズとドレークのジンクス
カリー家の兄弟対決、果たして二人の両親はどちらを応援するのか?
イースタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
ウェスタン・カンファレンスのカンファレンス・ファイナルに進出する2チームが決定!!
レイカーズ移籍の噂が浮上したカイリー・アービング
クリスタプス・ポルジンギスが母国ラトビアで暴行被害
この夏トレードされる可能性のあるシューティングガードVol.1
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.