ニュース

ジュリアス・ランドルがペリカンズとの2年契約に合意!!

レイカーズからフリーエージェントになったジュリアス・ランドルが、ペリカンズと2年契約を結ぶようだ

ロサンゼルス・レイカーズからフリーエージェントになったジュリアス・ランドルが、ニューオリンズ・ペリカンズに加入するようだ。

この契約により、2014年のNBAドラフト1巡目全体7位でプロ入りしたランドルは、NBA最高峰のビッグマンであるアンソニー・デイビスと、シャープシューターとして名高いニコラ・ミロティッチと共に強力なフロントコートを形成することになる。ペリカンズの新加入選手について、The Times-Picayuneのウィル・ギルロイ記者が、以下のようにまとめている。

「プロ入り5年目を迎えるジュリアス・ランドルが、ペリカンズと2年1800万ドル(約20億円)の契約で合意した。ペリカンズは、ミッドレベル例外条項を使ってランドルと契約しており、2年目の契約はプレーヤーオプション(契約を続行するか契約を破棄してフリーエージェントになるかを選手自身が決められる権利)となっている。来シーズン終了後にランドルがプレーヤーオプションを破棄した場合、彼は来夏に再び完全フリーエージェントとなる。
既にサラリー総額に余裕が無い状態で今オフシーズンに突入したペリカンズは、今夏に最初に契約を交わしたエルフリッド・ペイトンとの1年270万ドル(約3億円)の契約にもミッドレベル例外条項を使う予定だ。

器用なビッグマンとして知られるランドルは、ゴール下のプレーもゴールに対面した状態からのプレーも得意としている。昨シーズン、レイカーズは彼に広いスペースを与えてボールをコントロールさせた。昨シーズン、ペリカンズはデマーカス・カズンズに同様のプレーをさせていたので、ランドルもすぐにチームにフィットするだろう。」

プロ入り以降、レイカーズの控え選手として活躍してきたランドルは、4シーズンのキャリア通算で1試合平均13.5得点8.9リバウンド、フィールドゴール成功率49.3%という成績を残している。

アーカイブ

来季ブレイクしそうな若手:ドノバン・ミッチェル編
スーパースター・コンビ【TOP10】:第6位
カール・アンソニー・タウンズが長期的なウルブズ残留の意向を明言
依然としてアンドレ・イグダーラ獲得を狙うレイカーズ
今日は何の日 〜ダーク・ノビツキーがダラス・マーベリックスと契約延長〜
サディアス・ヤングがアメリカ代表チームのトレーニングキャンプに参加へ
レイカーズはカワイ・レナードに騙されたと感じている?
ティム・ダンカン氏がサンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチに就任!!!
NBA選手が続々とFIBAワールドカップへの出場を辞退!!
スーパースター・コンビ【TOP10】:第7位
ワシントン・ウィザーズがブラッドリー・ビールに巨額の延長契約を提示へ!
FA選手を巡るニックスとスパーズの因縁
来季ブレイクしそうな若手:ブランドン・イングラム編
アンソニー・デイビスの発言で暗雲に包まれるレイカーズ
今日は何の日 〜バーバートンでアルヴィン・ロバートソンが生まれる〜
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・レイカーズがコスタス・アデトクンボを獲得
フリーエージェント情報:カイル・コーバーがミルウォーキー・バックスとの1年契約に合意
ジェームズ・ハーデンが今年のFIBAワールドカップを欠場へ
トミー・シェパード氏がワシントン・ウィザーズの正式なGMに昇格
ジョエル・エンビードらがBWBアフリカ2019に参加
フリーエージェント情報:ジャスティン・ホリデーがインディアナ・ペイサーズと1年契約
元WNBAのリンゼイ・ハーディング氏がサクラメント・キングスのアシスタント・コーチに就任!
フリーエージェント情報:ヒューストン・ロケッツがタイソン・チャンドラーと正式契約
スーパースター・コンビ【TOP10】:第8位
来期ブレイクしそうな若手:ラウリ・マルカネン編
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.