ニュース

ドラフト・ロッタリー直後のモック・ドラフトをチェック!

NBA.comが、ドラフト・ロッタリー直後のモック・ドラフトを集計した。

今年のNBAドラフト・ロッタリーは、ニューオリンズ・ペリカンズが1位指名権を引き当てて幕を閉じた。その結果を受け、ウェブ上に存在する10個のモック・ドラフト・サイトが最新の予想順位を公開した。

最も注目すべきは、10個のサイト全てがドラフト1位にザイオン・ウィリアムソン(デューク大)を挙げている点だ。アンソニー・デイビスがチームを去ることがほぼ確実なペリカンズは、新たなフランチャイズ・プレイヤーを探している。そのことを踏まえても、ウィリアムソンが1位指名を受けることはほぼ確実だろう。

最も票が割れたのは、マイアミ・ヒートが持つドラフト13位だ。この順位には異なる9選手の名前が挙がったが、唯一ロメオ・ラングフォードだけが2度名前が挙がった。

10個のサイト全てで名前が挙がったのは、ウィリアムソン、ジャ・モラント、RJ・バレット、ディアンドレ・ハンター、ジャレット・カーバー、ジャクソン・へイエス、コビー・ホワイト、キャム・レディッシュの8選手だ。上位指名確実な選手がこれほどまでに少ないのは、今までで初めてのことだ。これはつまり、今年のドラフトに不確定要素が多いことを意味している。もしかすると、ドラフト・コンバインやチームとの面談を経て評価を大きく上げる選手が出てくるかもしれない。

以下は、10個のサイトのドラフト上位指名の予想を集計した結果だ。

1位:ニューオリンズ・ペリカンズ / ザイオン・ウィリアムソン(10票)
2位:メンフィス・グリズリーズ / ジャ・モラント(9票)
3位:ニューヨーク・ニックス / RJ・バレット(9票)
4位:ロサンゼルス・レイカーズ / ディアンドレ・ハンター(5票)
5位:クリーブランド・キャバリアーズ / ジャレット・カルバー(5票)
6位:フェニックス・サンズ / ダリウス・ガーランド(7票)
7位:シカゴ・ブルズ / コビー・ホワイト(8票)
8位:アトランタ・ホークス / キャム・レディッシュ(7票)
9位:ワシントン・ウィザーズ / セコウ・ダムバウヤ、ジャクソン・へイエス(3票ずつ)
10位:アトランタ・ホークス / ジャクソン・へイエス(4票)
11位:ミネソタ・ティンバーウルブズ / ブランドン・クラーク、ダムバウヤ(3票ずつ)
12位:シャーロット・ホーネッツ / へイエス(3票)
13位:マイアミ・ヒート / ロメオ・ラングフォード(2票)
14位:ボストン・セルティックス / ナッサー・リトル、PJ・ワシントン(2票ずつ)

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.