ニュース

ケビン・ラブが、チームメイトから仮病の疑いをかけられる

ケビン・ラブが、キャバリアーズのチームメイト数名から仮病の疑いをかけられたことがわかった。

ここ最近のクリーブランド・キャバリアーズは踏んだり蹴ったりだ。その際たる例が、148点もの大量失点を許した先日の対オクラホマシティー・サンダー戦だ。彼らはここ14試合を4勝10敗と大きく負け越しているが、これは同時期におけるリーグワースト3位タイの成績だ。


イーストの3位に転落したキャバリアーズは目に見えて酷い状況にあると言えるが、舞台裏のロッカールーム内でも多くの問題が噴出している。既に数名が解雇され、今やヘッドコーチのタロン・ルーの首も危うい状況だ。

中でも、ケビン・ラブの問題は簡単には見過ごされなかった。ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、キャバリアーズが月曜日のチーム練習前に熱のこもったミーティングをした際、数名の選手が、ラブが仮病を使って土曜日の試合と日曜日の練習を休んだのではないかと問いただしたというのだ。

ラブは土曜日の試合に3分間しか出場せず、フィールドゴールも0/2と全く良いところが無かった。4度のオールスター出場経験を持つラブは、月曜日のチーム練習後の囲み取材に応じ、目まいが原因で土曜日の試合を途中で切り上げたと説明した。また、既に症状が回復に向かっているため、現地1月23日のサンアントニオ・スパーズ戦には出場する方向だと話した。

キャバリアーズは、昨シーズンまで主力の1人だったカイリー・アービングをボストン・セルティックスにトレードしたが、その穴を埋めてくれるものとして今シーズンのラブの成長に並々ならぬ期待を寄せていた。しかし蓋を開けてみると、ラブの貢献度は昨シーズンと比べてごく僅かしか改善されていない。

ラブが自身の病欠が正当だったことをチームメイトに説明したため、この件は一旦の終息を迎えた。しかし、チーム内の火種は依然としてくすぶり続けていると、ウォジナロウスキー記者はリポートしている。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.