ニュース

レブロン・ジェームスはトレードされてしまうのか?

クリーブランド・キャバリアーズの元ヘッドコーチであるティロン・ルー氏とロサンゼルス・レイカーズの交渉が決裂した為、レイカーズの次期ヘッドコーチ探しは振り出しに戻ってしまった。

この決裂を切っ掛けに、レイカーズの経営陣と同チームのスター選手であるレブロン・ジェームスとの間に摩擦が生じてしまったと噂されている。また、レイカーズのオーナーのジーニー・バス氏は、彼女の周りの人間からレブロンをトレードする様に促されていると米国メディアで報道されている。

ESPNのステフェン・A・スミス氏はSportsCenterで、レブロンのトレードの可能性について以下の通り報じた。

「ロサンゼルスで一体何が起きているのかは分からない。しかし、今のレイカーズは何が起きてもおかしくない状況だ。バス氏の周りの人間は、彼女にレブロンをトレードする様に促しており、レブロンの契約にはトレード拒否権が含まれていない。おまけにレブロンが欲していたヘッドコーチも獲得していない。」

昨夏、レイカーズと4年契約を結んだレブロンの初シーズンは、目も当てられない結果となってしまった。シーズン中のアンソニー・デイビス獲得を狙ったニューオーリンズ・ペリカンズとのトレードは失敗に終わり、トレードのパッケージに含まれていたレイカーズの若手選手とレブロンや経営陣の関係は険悪化。シーズン当初から不調が続いていたチームの纏まりは一段と悪くなり、レイカーズはプレーオフ進出を逃してシーズンを終えている。尚、レブロンがプレーオフを逃したのは、2005年以来、今回が初となった。

また、レイカーズの負のスパイラルはシーズン終了後も続いていた。レイカーズ運営部門代表のマジック・ジョンソン氏の突然の辞任。加えて、次期ヘッドコーチ候補であったルー氏とレイカーズとの交渉の決裂など、今のレイカーズはまるでドミノ倒し状態だ。

度重なる経営面の問題から、レイカーズ経営陣とレブロンの関係が悪化していると噂されているが、その中でも特に、レブロンが熱望していたルー氏のヘッドコーチ就任が流れてしまった事が大きな原因となったのではないかと報道されている。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.