ニュース

ウォリアーズ、オフシーズンに向けての優先順位

今夏でケビン・デュラントとクレイ・トンプソンが契約満了を迎えるウォリアーズはオフシーズンも何かと忙しくなりそうだ。

今シーズン序盤から移籍が囁かれているデュラントとチームに残る意向を示しているが契約の金額によっては移籍も視野に入れているトンプソンのどちらを優先的に経営陣は引き留めるのだろうか。

ESPNのステフェン・A・スミス氏によると、ウォリアーズの経営陣は、複数の専門家からトンプソンとの再契約を優先するべきとのアドバイスを受けているという。自立心が強く、意思決定はチームのオファー内容に関わらず自分で行いたいデュラント。一方で、チームに残る意向を強く示しているトンプソン。トンプソンを金額面の不一致と言う理由だけで手放してしまう事だけは何としてでも避けなければならない。そう考えると専門家たちのアドバイスは理に適っているのではないだろうか。

また、同じくESPNのエイドリアン・ヲジュナロスキー氏は自身の番組で以下の通り述べている。「もし5年、1億9千万ドルのマックス契約が提示されればクレイ・トンプソンはステフィン・カリーと共にウォリアーズに残るだろう。しかし、それより少額なら彼の移籍は免れないだろう。そうなればクリッパーズに移籍する確率が高い。」

ウォーリアーズとしてはもちろんデュラントとトンプソンの両方に残って欲しいはずだ。今シーズン3連覇目を狙う同チームが、今後も最強のフランチャイズとして歴史に名を残していく為には両方とも失いたくない重要なパズルピースである事は間違いない。しかしウォーリアーズの経営陣にとって、今年のオフシーズンに最も避けたいのはデュラントとトンプソンの両方を失ってしまう事。チームの意思決定に縛られないワイルドカードのデュラントを引き留めるよりも、チームに残りたいトンプソンに1ドルでも多くのオファーを提示し、チームに残ってもらう事に注力するべきだろう。2016年の金額面によるマイアミ・ヒートとドウェイン・ウェイドの決別の二の舞にならない事を願いたい。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.