ニュース

カワイ・レナードはコビー・ブライアントに勝るクラッチプレーヤー??

ESPNの人気番組であるファースト・テイクは、ホストのステフェン・A・スミスとマックス・ケラーマンにより繰り広げられる大胆なコメントや討論が売りで、その多くは客観的に間違った見解も含まれるため、度々SNSを炎上させてきた。そんな番組で最近、ケラーマンが放った発言が見事に波紋を広げていたので紹介したい。

「カワイ・レナードは、勝敗を左右する様な大事な局面で最高のプレーを発揮できる、コービー・ブライアントよりも優れたクラッチプレーヤーだ」

プレーオフシリーズでレナードが記録したデータを基に堂々と断言したケラーマンは、スミスとゲストのジェイ・ウィリアムスを驚かせた。いや、呆れさせたと言った方が適切かもしれない。

確かに今シーズンのプレイオフでレナードは爆発的な活躍を見せており、最も注目を集めているプレーヤーの一人であることは間違いない。レナードはフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの4試合で平均38得点、シュート成功率62%を記録している。過去に一つのプレイオフシリーズで平均35得点以上、成功率60%以上を記録したのはマイケル・ジョーダンただ一人で、レナードはこの偉業を成し遂げた史上2人目となった。その凄さはスミスにESPNの別番組で、「シクサーズ戦を支配する姿はジョーダンに最も近い存在だ」と言わしめる程であった。

しかし、まだ選手として全盛期を迎えていない27歳のレナードがコービーと同じ土俵で比較される事自体が客観的に間違っていると、スミスとウィリアムスそして多くの視聴者が感じていたことだろう。

ケラーマンの発言に呆れ果てたスミスとウィリアムスは言葉を失っていたが、しばらくしてから二人の反論が始まった。

「4、5ヶ月前もレナードの方が勝っていると思ったか?お前の発言は直近効果によるもので客観的な見解では無い。」

「たった一つのプレイオフシリーズの結果を基に、レナードの方がコービーよりも優れたクラッチプレーヤーと結論付けるのは非常に馬鹿げている。この討論をする為には、レナードがまずは複数のシーズンを通して継続的に結果を出す必要がある。」

二人の猛攻撃を受けた後もケラーマンは最後まで自らの発言を覆すことは無かった。一方でSNS上では、ファンからケラーマンに対する批判的、または皮肉的な投稿が殺到し炎上している。

尚、このディベートの論点はあくまでもケラーマンの発言が適切であったかと否かという所にあり、レナードが素晴らしいプレーヤーである事に変わりはない。レナードがこのまま順調に記録を残していけば、数年後には本当の意味で、ジョーダンやコービーと同じ土俵で比較される日が来るかもしれない。

 

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.