ニュース

レブロン・ジェームズがジャージー売り上げのトップに!

レブロン・ジェームズが2018-19シーズンのジャージー売り上げのトップになった

現地4月25日、NBAとNBAPA(NBA選手協会)が今シーズンのジャージー売り上げの結果を発表した。今シーズンは、選手のジャージー売り上げはレブロン・ジェームズがトップで、チームのジャージー売り上げはロサンゼルス・レイカーズがトップになった。この集計は、2018-19シーズン中のNBAStore.comの売り上げを元にしている。

選手のジャージー売り上げの2位以降は、ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリー(2位)、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボ(3位)、ボストン・セルティックスのカイリー・アービング(4位)、フィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のジョエル・エンビード(5位)となっている。

チームのジャージー売り上げの2位以降は、ウォリアーズ(2位)、セルティックス(3位)、シクサーズ(4位)、バックス(5位)となった。

選手部門のトップ15とチーム部門のトップ10は以下の通り。

・選手のジャージー売り上げトップ15
1位:レブロン・ジェームズ(レイカーズ)
2位:ステフィン・カリー(ウォリアーズ)
3位:ヤニス・アデトクンボ(バックス)
4位:カイリー・アービング(セルティックス)
5位:ジョエル・エンビード(シクサーズ)
6位:ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)
7位:ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティ・サンダー)
8位:ケビン・デュラント(ウォリアーズ)
9位:ベン・シモンズ(シクサーズ)
10位:ジミー・バトラー(シクサーズ)
11位:ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)
12位:ポール・ジョージ(サンダー)
13位:ルカ・ドンチッチ(ダラス・マーベリックス)
14位:デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
15位:ジェイソン・テイタム(ボストン・セルティックス)

・チームのジャージー売り上げトップ10
1位:ロサンゼルス・レイカーズ
2位:ゴールデンステイト・ウォリアーズ
3位:ボストン・セルティックス
4位:フィラデルフィア・76ers
5位:ミルウォーキー・バックス
6位:シカゴ・ブルズ
7位:オクラホマシティ・サンダー
8位:ヒューストン・ロケッツ
9位:トロント・ラプターズ
10位:ニューヨーク・ニックス

アーカイブ

カイル・ラウリーが親指を手術
今日は何の日 〜アイザイア・トーマスがペイサーズのヘッドコーチに就任〜
ミネソタ・ティンバーウルブズがルーキーのナズ・リードと複数年契約
シカゴ・ブルズがシャキール・ハリソンとルーク・コーネットと契約
ユタ・ジャズがウィリアム・ハワードとスタントン・キッドと契約
フリーエージェント情報:トロント・ラプターズがロンディ・ホリス・ジェファーソンと正式契約
フリーエージェント情報:ロサンゼルス・クリッパーズがジャマイカル・グリーンと正式に再契約
フリーエージェント情報:JR・スミスがミルウォーキー・バックスと面談へ
クリス・ポールはサンダーの一員として開幕を迎えるのか?!
セルティックスがケンバ・ウォーカーとエネス・カンターの入団を発表
今日は何の日 〜エリオット・ペリーがサンアントニオに復帰〜
スーパースター・コンビ【TOP10】:第9位
「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」のケンダル・ジェンナーはNBA界でもお騒がせ?
来期ブレイクしそうな若手:ジョン・コリンズ編
今日は何の日 〜キッドがニュージャージーへトレードされる〜
ピストンズがオフ・ウェイバーでクリスチャン・ウッドを獲得
フリーエージェント情報:サンズがチェイック・ディアロと2年契約
レジー・ブロックの頚椎椎間板ヘルニア手術が成功
フリーエージェント情報:ミルウォーキー・バックスがタナシス・アデトクンボと契約
ブランドン・イングラムは順調に回復中
デイミアン・リラードが映画『スペースジャム2』での役柄について言及
サンダーの衝撃的トレード2つを振り返る
来期のスーパースター・コンビ【TOP10】:第10位
FA振り返り:サンズ編
今日は何の日 〜シャリーフ・アブドゥル・ラヒームがシドニーオリンピック代表に滑り込む〜
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.