ニュース

~2018年から2020年~に行われる大会に向けたアメリカ代表候補35名が決定!!

2018年から2020年の間に開催される世界選手権やオリンピックに出場するアメリカ代表の候補選手35名が発表された

2018年から2020年の間に開催される世界選手権やオリンピックに出場するアメリカ代表の候補選手35名が発表された。候補者の中には、過去にオリンピック金メダルを獲得した選手が17名と、過去にも代表候補に選ばれたことがある選手が30名含まれている。彼らは今年の7月25日から27日(現地時間)にラスベガスで行われるミニキャンプに参加する。

この35名の中から、2019年に中国で開催される世界選手権と2020年の東京オリンピックに出場する12人のアメリカ代表選手が選ばれる。

35名の候補選手には、2016年のリオ・オリンピックの金メダリスト11名、2012年のロンドン・オリンピックの金メダリスト7名、2014年のFIBA世界選手権の金メダリスト8名、2010年のFIBA世界選手権の金メダリスト5名が含まれている。

候補選手は、以下の通りだ。
ハリソン・バーンズ(ダラス・マーベリックス)、ブラッドリー・ビール(ワシントン・ウィザーズ)、デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)、ジミー・バトラー(ミネソタ・ティンバーウルブズ)、マイク・コンリーJr.(メンフィス・グリズリーズ)、デマーカス・カズンズ(ニューオリンズ・ペリカンズ)、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、アンソニー・デイビス(ニューオリンズ・ペリカンズ)、デマー・デローザン(トロント・ラプターズ)、アンドレ・ドラモンド(デトロイト・ピストンズ)、ケビン・デュラント(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ポール・ジョージ(オクラホマシティー・サンダー)、エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)、ドレイモンド・グリーン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、ブレイク・グリフィン(デトロイト・ピストンズ)、ジェームズ・ハーデン(ヒューストン・ロケッツ)、トバイアス・ハリス(ロサンゼルス・クリッパーズ)、ゴードン・ヘイワード(ボストン・セルティックス)、カイリー・アービング(ボストン・セルティックス)、レブロン・ジェームズ(クリーブランド・キャバリアーズ)、デアンドレ・ジョーダン(ロサンゼルス・クリッパーズ)、カワイ・レナード(サンアントニオ・スパーズ)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、ケビン・ラブ(クリーブランド・キャバリアーズ)、カイル・ラウリー(トロント・ラプターズ)、CJ・マッカラム(ポートランド・トレイルブレイザーズ)、クリス・ミドルトン(ミルウォーキー・バックス)、ビクター・オラディポ(インディアナ・ペイサーズ)、クリス・ポール(ヒューストン・ロケッツ)、アイザイア・トーマス(ロサンゼルス・レイカーズ)、クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)、マイルズ・ターナー(インディアナ・ペイサーズ)、ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)、ジョン・ウォール(ワシントン・ウィザーズ)、ラッセル・ウェストブルック(オクラホマシティー・サンダー)

このうち、初めて候補選手に選ばれたのは、ブッカー、マッカラム、ミドルトン、トーマス、ターナーの5名だ。ブッカーは、2016年にアメリカ代表セレクト・チームに選ばれ、アメリカ代表とトレーニングをした経験がある。

男子のアメリカ代表は、オリンピック通算で138勝5敗(勝率9割6分5厘)という驚異的な勝率を誇っており、過去18回のオリンピック出場で15個の金メダルと1つの銀メダルと2つの銅メダルを獲得している。彼らは現在25連勝中だ(前回の敗戦は、89対81で敗れた2004年のオリンピック準決勝の対アルゼンチン戦)。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.