ニュース

スキルズ・チャレンジ2018に出場する8選手が決定!

今年のオールスター・ウィークエンドに開催されるスキルズ・チャレンジ2018に出場する8人の選手が発表された

現地2月17日に開催されるスキルズ・チャレンジ2018には、このイベントの昨年の王者のクリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)の他、ジョエル・エンビード(フィラデルフィア・76ers)、アル・ホーフォード(ボストン・セルティックス)ら3名のNBAオールスターゲーム出場予定選手が出場する。

また、彼ら3名のオールスター選手の他、スペンサー・ディンウィディー(ブルックリン・ネッツ)、ラウリー・マルッカネン(シカゴ・ブルズ)、ジャマール・マレー(デンバー・ナゲッツ)、ルー・ウィリアムス(ロサンゼルス・クリッパーズ)、ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)バディ・ヒールド(サクラメント・キングス)ら合計8名の選手予定だ。

※ドノバン・ミッチェル(ユタ・ジャズ)の代替選手としてバディ・ヒールド(サクラメント・キングス)が出場。参照記事はこちら→新人王候補のミッチェルがスラムダンク・コンテストに登場!

第16回スキルズ・チャレンジは、オールスター・サタデーナイトに行われるイベントの1つで、この日は他にもスリーポイント・コンテストとスラムダンク・コンテストが開催される。

今年のスキルズ・チャレンジにはポルジンギス、エンビード、ホーフォード、マルッカネンという4人のビッグマンが出場するが、このように8人の出場選手の構成が『ビッグマン4人とガード4人』になるのは、今回で3年連続となる。ガード選手に有利だと思われがちな同競技だが、直近2年は意外にもビッグマンが優勝している。2016年はミネソタ・ティンバーウルブズのカール・アンソニー・タウンズが優勝し、昨年は決勝でゴードン・ヘイワードを倒したポルジンギスが栄冠を手にした。

スキルズ・チャレンジとは、『ドリブル』『パス』『俊敏性』『スリーポイントシュート力』といった様々なスキルを試す障害物競争だ。8人の選手達は、まず4人のビッグマンのトーナメントと4人のガードのトーナメントに分かれ、1対1の対戦形式で2ラウンドの勝ち抜きトーナメントを戦う。その後、ビッグマン側の勝ち抜き選手とガード側の勝ち抜き選手が決勝で対戦する。1回戦の組み合わせは後日発表される。

− スキルズ・チャレンジ出場者 −

■スペンサー・ディンウィディー(ネッツ)
198cmのガードであるプロ入り4シーズン目のディンウィディーは、今シーズン1試合平均13.4得点、6.4アシストを記録中だ。彼は、今シーズン開幕まで105試合の出場で51本のスリーポイント・シュートを決めていたが、今シーズンはここまでで既に51試合の出場で96本のスリーポイント・シュートを成功させている。

■ジョエル・エンビード(76ers)
今年、自身初のNBAオールスターゲーム選出を果たしたプロ入り2年目のエンビードは、今シーズン1試合平均23.8得点(NBA15位)、11リバウンド(同6位)、3.3アシスト、1.82ブロック(同4位)を記録中だ。今年、カメルーン出身の7フッター(身長213cm)は、NBAオールスターゲーム2018にスターターとして出場するだけでなく、ライジング・スターズ2018にも世界選抜チームの一員として出場する。

■アル・ホーフォード(セルティックス)
5度のオールスター出場を誇るホーフォードは、現在リーグに3人しかいない『1試合平均13得点以上、7リバウンド以上、5アシスト以上、1ブロック以上』を同時に達成している選手の1人だ。(あとの2人は、デマーカス・カズンズとレブロン・ジェームズ)

■ラウリー・マルッカネン(ブルズ)
今シーズン1試合平均15.5得点、7.7リバウンドを記録中のマルッカネンは、NBA史上最速のプロ入り41試合で100本のスリーポイント・シュートを成功させた。フィンランド出身の7フッターは、エンビードと共にライジング・スターズの世界選抜チームの一員としてプレイする。

■ジャマール・マレー(ナゲッツ)
2016-17シーズンにALL Rookie Second Teamに選ばれたマレーは、2年目の今シーズン、平均得点を9.9得点から16.2得点へと大幅に上昇させた。昨年のライジング・スターズでMVPを獲得したカナダ出身の193cmのガードは、今年も世界選抜チームの一員としてライジング・スターズに出場する。

■クリスタプス・ポルジンギス(ニックス)
今シーズン1試合平均23.1得点を記録しているポルジンギスは、プロ入り3年目の今年、自身初となるオールスターゲーム出場を果たす。身長221cmのフォワード/センターは、今シーズン1試合平均2.33ブロックを記録中で、スリーポイント・シュートも自己最高の39.8%という高確率で決めている。

■ルー・ウィリアムズ(クリッパーズ)
プロ入り13年目のウィリアムズは、今シーズン自己最高の1試合平均23.5得点を記録しており、ウェスタン・カンファレンスの週間最優秀選手賞を2度受賞している。2014-15シーズンのSixth Man Award(最も優秀な控え選手に贈られる賞)を受賞した経験を持つウィリアムズは、現地1月10日の対ゴールデンステイト・ウォリアーズ戦でキャリアハイの50得点を叩き出した。

■ドノバン・ミッチェル(ジャズ)
12月と1月のウェスタン・カンファレンス月間新人賞を受賞したミッチェルは、今シーズンのチームトップとなる1試合平均19.3得点を記録中だ。これは全てのルーキーの中で最多の平均得点でもある。ルーキーがチームの得点リーダーになるのは、ジャズの球団史上初のことだ。ミッチェルは、ライジング・スターズでアメリカ選抜チームの一員としてプレイする。

■バディ・ヒールド(キングス)※ミッチェルの代替出場
今シーズン50試合に出場して1試合平均12.5得点、3.5リバウンドを記録中だ。彼はチームトップの101本のスリーポイント・シュートを決めており、成功率もリーグ9位タイの43.2%を誇っている。

− スキルズ・チャレンジ ルール −
2人の選手が2つのコースに分かれ、同時にスタートして先にゴールした選手が次のラウンドに進む。1回戦は、8人の選手が1対1の対戦を4試合行う。勝利した4人の選手が2回戦に進み、1対1の対戦を2試合を行って2人のファイナリストを決める。

− スキルズ・チャレンジ 過去の優勝者 −
2003年 ジェイソン・キッド(ニュージャージー・ネッツ)
2004年 バロン・デイビス(ニューオリンズ・ホーネッツ)
2005年 スティーブ・ナッシュ(フェニックス・サンズ)
2006年 ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)
2007年 ドウェイン・ウェイド(マイアミ・ヒート)
2008年 デロン・ウィリアムズ(ユタ・ジャズ)
2009年 デリック・ローズ(シカゴ・ブルズ)
2010年 スティーブ・ナッシュ(フェニックス・サンズ)
2011年 ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2012年 トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)
2013年 デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
2014年 トレイ・バーク(ユタ・ジャズ)、デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ) ※この年は2人1組のチーム戦形式
2015年 パトリック・べバリー(ヒューストン・ロケッツ)
2016年 カール・アンソニー・タウンズ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
2017年 クリスタプス・ポルジンギス(ニューヨーク・ニックス)

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.