ニュース

2018-2019オールNBAチーム発表が与える契約額へのインパクト

先日に発表された今年のオールNBAチームは、ステフィン・カリー(ウォリアーズ)、ジェームス・ハーデン(ロケッツ)、ケビン・デュラント(ウォーリアーズ)やレブロン・ジェームズ(レイカーズ)といった既に数々の素晴らしい成績を残している選手の履歴書により磨きをかける結果となった。一方、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アデトクンボやシャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーらの将来の契約額に大きな影響を与える形にもなっている。

「Associated Press」のティム・レイノルド氏によると、オールNBAファーストチームに選出されたアデトクンボは、2020年のバックスとの契約5年延長で推定2億5000万ドル(約273億円)のスーパーマックス契約を受ける権利を得たという。2シーズン連続でオールNBAチームに選出され、今シーズンのMVP候補のアデトクンボが、2020年にバックスと5年2億5000万ドルのスーパーマックス契約を結ぶと、NBA史上最大の契約額となる。

また、同じく今期のオールNBAチームに選出されたウォーカーとポートランド・トレイルブレーザーズのデイミアン・リラードも、今オフにスーパーマックス契約の権利を得ることとなった。

しかし、全ての選手にとって、今回のオールNBAチームの発表が良い影響を及ぼした訳ではない。ミネソタ・ティンバーウルフズのカール・アンソニー・タウンズは、今回のオールNBAチームで6人が選ばれるセンターの一人として選ばれることは無かった。従って期待されていた5年1億5800万ドル(約173億円)から5年1億9100万ドル(約209億円)の契約額の増加は見込まれない。

一方、マックス契約を超えるスーパーマックス契約の資格を得るためには、幾つかの条件をクリアする必要がある。MVPの獲得やオールNBAチーム入り、ルーキー契約時から所属するチームと契約する場合など、特定の条件を満たした選手に限りスーパーマックス契約が与えられる。

理論上では、このスーパーマックス契約はFA市場へ出てしまうスーパースター選手と彼らが在籍しているチームが優先的に交渉できる制度となっている。

現在スーパーマックス契約を結んでいる選手は、カリー、ハーデン、ラッセル・ウェストブルック(サンダー)、そしてジョン・ウォール(ウィザーズ)の5選手。今回のオールNBAチームの発表を受けて、今オフにはリラードとウォーカーが彼らの仲間入りを果たすことが期待されている。

文:ビタラフ アドル

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.