ニュース

シクサーズが2012年以来のプレイオフ進出決定!!

主力の若手選手達の活躍により、シクサーズが2012年以来となるプレイオフ進出を確定させた

『プロセスを信じろ』というジョエル・エンビードの言葉は嘘ではなかった。

長く苦しい低迷期を経て、ようやくフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のファンが歓喜に沸いている。それは、チームが2012年以来のプレイオフ進出を決めたからだけではない。なんと、この若いシクサーズが、イースタン・カンファレンスの4位でレギュラーシーズンを終えようとしているのだ。

だが、今のシクサーズのロスターを見れば、それが何も驚くに値することではないことに気付くはずだ。彼らは、NBAオールスターゲームにも出場したビッグマンのエンビードと、新人王最有力候補の大型ポイントガードのベン・シモンズを中心とし、ダリオ・シャリッチ、JJ・レディック、ロバート・コビントンといった才能溢れるロールプレイヤーが脇を固めているのだ。この、バスケットボール史上稀にみる若い才能に溢れたシクサーズのロスターは、我々に大きな夢を見せてくれている。しかも本来ならば、このメンバーに昨年のNBAドラフト1巡目全体1位のマーケル・フルツ(負傷により長期離脱中)も加わっているばずなのだ。

シクサーズ躍進の理由について聞いたPhiladelphia Daily Newsのデイビッド・マーフィー記者の取材に対し、若手チームの指揮に定評のあるメンフィス・グリズリーズのJB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)は以下のようにコメントした。

「彼らは自己中心的なプレイをしない。若い選手は、往々にして自己中心的で、自分の次の契約のことばかり気にするものだ。しかし、シクサーズが幸運だったのは、彼らが抱えている若手選手達が根っからのアンセルフィッシュ・プレイヤーだったことだ。そういう選手が揃うと、チーム作りがグッと楽になる。チーム作りにおいては個々の才能も重要な要素であることも確かだが、チームにケミストリーが生まれなければ、このリーグで勝つことはできないんだ。それに、彼らは選手同士の相性が良いように見えるね。」

シクサーズの現状に近いチームと言えば、2008-09シーズンのオクラホマシティー・サンダーがすぐに思い当たる。当時のサンダーは、ルーキーのラッセル・ウェストブルックと2年目のケビン・デュラントとジェフ・グリーンといった若い選手を中心としており、彼ら3人だけでチーム全体の出場時間の42.5%を占めていた(今シーズンのシクサーズは、シモンズ、シャリッチ、エンビードの3人でチーム全体の37.4%の出場時間を占めている)。そのシーズンにサンダーは23勝しかできなかったが、次のシーズンに勝ち星を一気に50勝に伸ばした。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.