ニュース

シクサーズが2012年以来のプレイオフ進出決定!!

主力の若手選手達の活躍により、シクサーズが2012年以来となるプレイオフ進出を確定させた

『プロセスを信じろ』というジョエル・エンビードの言葉は嘘ではなかった。

長く苦しい低迷期を経て、ようやくフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)のファンが歓喜に沸いている。それは、チームが2012年以来のプレイオフ進出を決めたからだけではない。なんと、この若いシクサーズが、イースタン・カンファレンスの4位でレギュラーシーズンを終えようとしているのだ。

だが、今のシクサーズのロスターを見れば、それが何も驚くに値することではないことに気付くはずだ。彼らは、NBAオールスターゲームにも出場したビッグマンのエンビードと、新人王最有力候補の大型ポイントガードのベン・シモンズを中心とし、ダリオ・シャリッチ、JJ・レディック、ロバート・コビントンといった才能溢れるロールプレイヤーが脇を固めているのだ。この、バスケットボール史上稀にみる若い才能に溢れたシクサーズのロスターは、我々に大きな夢を見せてくれている。しかも本来ならば、このメンバーに昨年のNBAドラフト1巡目全体1位のマーケル・フルツ(負傷により長期離脱中)も加わっているばずなのだ。

シクサーズ躍進の理由について聞いたPhiladelphia Daily Newsのデイビッド・マーフィー記者の取材に対し、若手チームの指揮に定評のあるメンフィス・グリズリーズのJB・ビッカースタッフHC(ヘッドコーチ)は以下のようにコメントした。

「彼らは自己中心的なプレイをしない。若い選手は、往々にして自己中心的で、自分の次の契約のことばかり気にするものだ。しかし、シクサーズが幸運だったのは、彼らが抱えている若手選手達が根っからのアンセルフィッシュ・プレイヤーだったことだ。そういう選手が揃うと、チーム作りがグッと楽になる。チーム作りにおいては個々の才能も重要な要素であることも確かだが、チームにケミストリーが生まれなければ、このリーグで勝つことはできないんだ。それに、彼らは選手同士の相性が良いように見えるね。」

シクサーズの現状に近いチームと言えば、2008-09シーズンのオクラホマシティー・サンダーがすぐに思い当たる。当時のサンダーは、ルーキーのラッセル・ウェストブルックと2年目のケビン・デュラントとジェフ・グリーンといった若い選手を中心としており、彼ら3人だけでチーム全体の出場時間の42.5%を占めていた(今シーズンのシクサーズは、シモンズ、シャリッチ、エンビードの3人でチーム全体の37.4%の出場時間を占めている)。そのシーズンにサンダーは23勝しかできなかったが、次のシーズンに勝ち星を一気に50勝に伸ばした。

アーカイブ

ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.