ニュース

デトロイト・ピストンズに2008年のドラフト上位2人が集結

2008年のドラフト全体1位指名のデリック・ローズと2位指名のマイケル・ビーズリーが、新シーズンから同じチームでプレイすることとなった

マイケル・ビーズリーは、現地10日、デトロイト・ピストンズとの1年契約に合意したと「The Athletics」のシャムズ・シャラニア記者が報じた。

30歳のビーズリーは、ロサンゼルス・レイカーズに所属していた昨シーズン、26試合に出場し、平均7得点、2.3リバウンド、1.0アシストを挙げていたが、同シーズンのトレードデッドラインを前に、ロサンゼルス・クリッパーズにトレードされ、その後わずか2日後に解雇されている。

無所属となっていたビーズリーは、中国リーグのチームから1年500万ドル(約5億円)のオファーを受けていたと、「Stadium」のジェフ・グッドマン記者が報じたことから、再び中国リーグでプレイすることが有力視されていた。しかし、ピストンズとの契約合意に至ったビーズリーは、新シーズンからNBA復帰を果たし、米国に残ることとなった。

ピストンズに加入したビーズリーは、PFポジションにおけるブレイク・グリフィンのバックアップとして起用されることが予想される。また、SFのポジションもプレイできるグリフィンは、ピストンズの先発SFとなることが予想されるトニー・スネルのバックアップとしても起用されるだろう。

また、ピストンズは今オフ、大型選手との契約には至っていないものの、マーキーフ・モリスの獲得でフロントコートの補強を図ったようだ。29歳のPFであるモリスは、ワシントン・ウィザーズとオクラホマシティー・サンダーでプレイした昨シーズン、平均9.4得点、4.6リバウンド、1.4アシストを記録している。

さらに、ピストンズは、2011年のMVP受賞者であるPGのデリック・ローズと2年契約を結んだ。数多くの怪我に悩まされたローズは昨シーズン、在籍していたミネソタ・ティンバーウルブズで平均18得点、2.7リバウンド、4.3アシストを挙げ、復活を遂げている。

今オフ、ビーズリーとローズの加入により、ピストンズのロスター上に2008年のドラフト上位2人が名を連ねることとなった。キャリア12年目のベテラン2人のピストンズでのラインナップに注目だ。

スポヲタ:ビタラフ アドル

 

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.