ニュース

リッチ・チョー氏とグレン・グランウォルド氏がグリズリーズの重役に就任

リッチ・チョー氏とグレン・グランウォルド氏がグリズリーズの重役に就任した

メンフィス・グリズリーズは、リッチ・チョー氏をバスケットボール戦略部長に、そしてグレン・グランウォルド氏をバスケットボール運営部門のシニア・アドバイザーに迎え入れたことを発表した。

グリズリーズのバスケットボール運営部門最高責任者のザカリー・Z・クレイマン氏は「リッチとグレンをグリズリーズに迎えられたことに興奮している。リッチとグレンは、再建を続ける我が球団に豊富な経験と、バスケットボールに関する鋭い洞察力、そしてリーダーシップをもたらすだろう」とコメントしている。

NBAの重役として20年以上のキャリアを持つチョー氏は、2011年から2018年までシャーロット・ホーネッツのGM(ゼネラルマネージャー)を務めていたことで知られている。ホーネッツのバスケットボール運営部門をまとめる存在として、チョー氏はサラリーキャップの調整や分析、情報の管理、選手のスカウト、ドラフトの準備、そして選手の獲得といった仕事を手がけた。

ビルマ出身のチョー氏は、2010-11シーズンにポートランド・トレイルブレイザーズのGMに就任し、アメリカのメジャー・スポーツ業界で初のアジア系アメリカ人のGMとなった。それ以前は、彼はシアトル・スーパーソニック(現オクラホマシティ・サンダー)で10年間アシスタントGMを務めていた。

NBAのフロント・オフィスで仕事をする前の1989年から1994年まで、チョー氏はシアトルにあるボーイング社でエンジニアをしていた。

グランウォルド氏は、トロント・ラプターズとニューヨーク・ニックスでシニア・エグゼクティブを務めた経験を持っている。1994年、彼はフロントとしてラプターズの創設メンバーに加わり、1997年から2004年まではGMとしてチームの運営に従事し、2000年から2002年にかけて3年連続でチームをプレイオフに導いた。2006年から2013年までニックスのフロント・オフィスで働いたグランウォルド氏は、最終的にはニックスの最高責任者兼GMも務めた。

1999年にカナダの市民権を獲得したグランウォルド氏は、2018-19シーズンの間はカナダ・バスケットボール協会の会長兼CEO(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)を務めている。

アーカイブ

いよいよ明日!果たして八村はどこのチームに?NBAドラフト2019!
マイク・コンリーがジャズへ!!!
クリス・ミドルトンがオプトアウト!
NBAドラフト直前!最新のモックドラフトをチェック!
今日は何の日 〜シカゴ・ブルズがスリーピート達成〜
アル・ホーフォードはセルティックスを去るのか?!
アントニオ・ラング氏がキャバリアーズのアシスタントコーチに就任!
マサイ・ウジリ氏に殴られたと主張している保安官代理が脳震盪に
ペリカンズがアルビン・ジェントリーHCと契約延長
注目が集まるカワイ・レナードの決断
ハリソン・バーンズがオプトアウトか?!
アル・ホーフォードがオプトアウトしてセルティックスと再び契約か?
FAの噂:パトリック・ビバリーが複数球団と交渉予定
ボール家の三男がオーストラリアのチームと契約!!
ロンデイ・ホリス・ジェファーソンが完全フリーエージェントに!
クリス・ポールはロケッツを出たがっている?!
カレッジ情報 〜AACのパワーランキングでメンフィス大学が1位に〜
今日は何の日 〜シャックがMVPをコンプリート〜
ルーキー・ウォッチ 〜コビー・ホワイト、亡き父へ綴った思い〜
ペリカンズはさらなる大型トレードを検討中?
ラメロ・ボール、来シーズンはオーストラリアでプレー
今日は何の日 〜レイ・アレンがファイナル史に残るショットを決める〜
レイカーズの次なるターゲットはケンバ・ウォーカー
ラプターズの優勝パレードの会場で発砲事件
ラプターズがトロントで優勝パレード!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.