ニュース

リッチ・チョー氏とグレン・グランウォルド氏がグリズリーズの重役に就任

リッチ・チョー氏とグレン・グランウォルド氏がグリズリーズの重役に就任した

メンフィス・グリズリーズは、リッチ・チョー氏をバスケットボール戦略部長に、そしてグレン・グランウォルド氏をバスケットボール運営部門のシニア・アドバイザーに迎え入れたことを発表した。

グリズリーズのバスケットボール運営部門最高責任者のザカリー・Z・クレイマン氏は「リッチとグレンをグリズリーズに迎えられたことに興奮している。リッチとグレンは、再建を続ける我が球団に豊富な経験と、バスケットボールに関する鋭い洞察力、そしてリーダーシップをもたらすだろう」とコメントしている。

NBAの重役として20年以上のキャリアを持つチョー氏は、2011年から2018年までシャーロット・ホーネッツのGM(ゼネラルマネージャー)を務めていたことで知られている。ホーネッツのバスケットボール運営部門をまとめる存在として、チョー氏はサラリーキャップの調整や分析、情報の管理、選手のスカウト、ドラフトの準備、そして選手の獲得といった仕事を手がけた。

ビルマ出身のチョー氏は、2010-11シーズンにポートランド・トレイルブレイザーズのGMに就任し、アメリカのメジャー・スポーツ業界で初のアジア系アメリカ人のGMとなった。それ以前は、彼はシアトル・スーパーソニック(現オクラホマシティ・サンダー)で10年間アシスタントGMを務めていた。

NBAのフロント・オフィスで仕事をする前の1989年から1994年まで、チョー氏はシアトルにあるボーイング社でエンジニアをしていた。

グランウォルド氏は、トロント・ラプターズとニューヨーク・ニックスでシニア・エグゼクティブを務めた経験を持っている。1994年、彼はフロントとしてラプターズの創設メンバーに加わり、1997年から2004年まではGMとしてチームの運営に従事し、2000年から2002年にかけて3年連続でチームをプレイオフに導いた。2006年から2013年までニックスのフロント・オフィスで働いたグランウォルド氏は、最終的にはニックスの最高責任者兼GMも務めた。

1999年にカナダの市民権を獲得したグランウォルド氏は、2018-19シーズンの間はカナダ・バスケットボール協会の会長兼CEO(チーフ・エグゼクティブ・オフィサー)を務めている。

アーカイブ

ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.