ニュース

クリッパーズがプレイオフ史上に残る大逆転劇で勝利!!

クリッパーズが最大31点差をひっくり返してウォリアーズに逆転勝利した

現地4月15日に行われたゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレイオフ・ファーストラウンド第2戦で、ロサンゼルス・クリッパーズが最大31点差をひっくり返して大逆転勝利した。

第3Q(クォーター)中盤でウォリアーズに31点リードされたクリッパーズは、パトリック・ビバリー、ルー・ウィリアムズ、モントレズ・ハレルらの粘り強いプレーで徐々に点差を縮め、ルーキーのランドリー・シャメットが試合時間残り16.5秒に決めた逆転3ポイントシュートで2点のリードを奪った。ウォリアーズはステフィン・カリーのシュートで同点を狙ったがクリッパーズの固いディフェンスに阻止され、リバウンドを掴んだハレルがきっちり2本のフリースローを決めて135-131でクリッパーズが勝利した。

31点差からの逆転は、NBAのプレイオフ史上最大得点差からの逆転劇だ。それまでの記録は、1989年のウェスタン・カンファレンス・セミファイナルでロサンゼルス・レイカーズがシアトル・スーパーソニックスから逆転勝利を奪った時の29点差だ。

今シーズンのレギュラーシーズン中にも28点差と25点差から逆転勝利しているクリッパーズのルー・ウィリアムズは「これは、俺たちがシーズンを通してやってきたことだ」とコメントした。

一方、ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は「我々は、こうなって当然のプレーをした」と反省の弁を述べた。

この試合で29得点を決めたウォリアーズのステフィン・カリーは「辛い結果だ。俺たちはこの経験を糧にして、第3戦に向けてどのようにしてチームを勢い付けるか話し合っているところだ。だが、今はプレイオフだから全てのハードルが高くなる。どれだけ細かい部分にまで集中できるかが、チャンピオンとそうじゃないチームを分けるんだ」とコメントしている。

アーカイブ

ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.