ニュース

ステフィン・カリーがスランプを脱出した秘訣はコンタクトレンズ?!

ステフィン・カリーが、コンタクトレンズを着用したことでシュートのスランプを脱出したことを明かした

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーが、コンタクトレンズを着用したことでNBAオールスター以降に悩まされていたシュートのスランプを脱出したことを明かした。

The Athleticのマーカス・トンプソン2世記者の取材に対し、カリーは「コンタクトレンズを着けることにしたんだ。いや、冗談抜きで、世界がパァッと広がったような感覚だったよ」とコメントした。

カリーは長らく視力に問題を抱えていたそうだが、特に試合に支障をきたすレベルではないと感じていたそうだ。

「少し見辛い感覚は長い間持っていたが、その状態に慣れてしまっていたんだ。俺にとって、それが普通だったんだ」

しかし実際のところ、カリーの目には変性的症状があったため、彼の視界は年々悪くなっていた。トンプソン2世記者は、カリーが抱えている円錐角膜という病気について以下のように説明している。

「カリーの目の角膜は、円形ではなく円錐形になっている。この変形によって目の奥に入る光にある種のエラーが起こるため、カリーは乱視になっていた。光が網膜に均等に届かないと、視界がブレたり歪んだりするのだ。これは遺伝的な症状だと考えられているので、おそらくカリーは産まれながらにしてこの状態だったと思われるが、遺伝のメカニズムについてはまだ解明されていない」

3月中旬以降、カリーは48.7%という高確率で3ポイントシュートを成功させており、9試合連続で5本以上の3ポイントシュートを決めている。NBA史上最高のシューターが、コンタクトレンズを着けたことで3ポイントシュートの精度をさらにアップさせたのだ。

ウォリアーズが3連覇を達成するには、カリーの視界がクリアであり続けることが必要不可欠になりそうだ。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.