ニュース

今年のライジング・スターズはアメリカ代表チームが勝利!

今年のライジング・スターズは、カイル・クーズマの35得点の活躍などもあり、アメリカ代表チームが161-144で勝利した

NBAの有望な若手選手たちが相対する毎年恒例のライジングスターズは、アメリカ代表チームが161-144で世界選抜チームに勝利した。

この試合のMVPは、35得点を決めてアメリカ代表チームを牽引したロサンゼルス・レイカーズのカイル・クーズマが受賞した。アメリカ代表チームは、今年のヘッドコーチを務めたカイリー・アービング(ボストン・セルティックス)の指示のもと、テンポの早い展開に持ち込んで終始試合をリードした。彼らは、速攻による得点で海外選抜チームに大きく差をつけている(アメリカ代表48点、海外選抜26点)。

海外選抜チームでは、フィラデルフィア・76ersのベン・シモンズが28得点(フィールドゴール17本中14本成功)、6アシストを記録したほか、ダラス・マーベリックスのルカ・ドンチッチが13得点、9アシストを記録している。海外選抜のヘッドコーチを務めたのは、マーベリックスのダーク・ノビツキーだ。

非常にテンポが早かったこの試合では何本ものダンクが炸裂したが、最も会場を沸かせたのは、今年のスラムダンク・コンテストに出場するアトランタ・ホークスのジョン・コリンズだった。彼は、第1Q(クォーター)終盤に、バックボードにボールを当てて自らのダンクをアシストする『1人アリウープ』を決め、観客を沸かせた。

そのほか、アメリカ代表チームではユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルが20得点、9アシスト、7リバウンド、5スティール、ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムが30得点、9リバウンド、サクラメント・キングスのディアーロン・フォックスがゲームハイの16アシストを記録し、世界選抜チームではシカゴ・ブルズのラウリー・マルッカネンが21得点を決めている。

この試合のフィールドゴール成功率は、両チームとも55.4%という高確率だった。

アーカイブ

シェイ・ギルジャス・アレクサンダー「俺はラッセル・ウェストブルックじゃない」
キャブズのダン・ギルバート・オーナーが退院
FIBAワールドカップ出場各国が続々とロスターを決定
ラリー・バード氏「私はタトゥーを入れていない」
アメリカ代表がオーストラリア代表に勝利、ケンバ・ウォーカーが23得点
ドナルド・トランプ大統領がボブ・クージー氏に大統領自由勲章を叙勲
ジェームズ・ハーデンが昨季MVPを逃した理由とは
今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜
ウィザーズ、ダービス・バータンズ獲得は八村塁の為?
日本代表がアルゼンチン代表と対戦、八村が23点、渡邊が13点をあげるも敗戦
今日は何の日 〜ダリアス・マイルズがセルティックスと契約〜
ロケッツから延長契約のオファーを待つPJ・タッカー
ディアンジェロ・ラッセルに期待を寄せるボブ・マイヤーGM
元NBA選手がレイカーズとレブロン・ジェイムズに対し不安を露わに
NBAがプレシーズンゲームの日程を発表
アンソニー・デイビスがロサンゼルス・ドジャースの試合で始球式
タロン・ルー氏がロサンゼルス・クリッパーズのアシスタントコーチに就任!
ジェレミー・リン、中国リーグの北京ダックスへ移籍か?
クリス・ポールに関して平常心を保ち続けるオクラホマシティー・サンダー
今日は何の日 〜クリッパーズがマーク・マドセンを解雇〜
ロサンゼルス・レイカーズが複数のベテラン・センターをワークアウトへ
シャーロット・ホーネッツがクラシック・エディション・ユニフォームを発表
ドマンタス・サボニスがリトアニア代表としてFIBAワールドカップに出場へ!
アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.