ニュース

オフェンスのリズムを掴み始めたサンダー

大型補強をしたにも関わらずシーズン序盤は波に乗れなかったオクラホマシティー・サンダーだが、ここに来て徐々にオフェンスのリズムを掴みはじめている。

オクラホマシティー・サンダーがオフェンスのリズムを掴んでいる。開幕から12月18日までのオフェンス・ランキングがリーグ24位だったサンダーが、最近の9試合ではリーグトップのオフェンス効率を誇っている(100ポゼッション中119得点)。

このオフェンス効率の上昇は、サンダーのスター選手達によるところが大きい。ここ9試合で、ラッセル・ウェストブルックのFG%は54%で、カーメロ・アンソニーとポール・ジョージの2人はスリーポイントを50%以上の高確率で決めている。

地元オクラホマ紙のブレット・ドーソン記者は、サンダーのオフェンスが好調な理由を、こう説明している。

「シュートが決まりだしたのは確かだが、理由はそれだけではない。先日のロサンゼルス・クリッパーズ戦の第4Qのプレイを振り返ってみよう。ウェストブルックが右にドライブし、短い距離のジャンプショットを打つかに見えた。しかし、彼はベースライン沿いをカットしてくるジョージにパスし、ジョージがレイアップを決めて残り6分47秒でサンダーは8点リードした。ウェストブルックが自らの視界に収まらない位置にいたジョージにアシストパスを出せたのは、ボールが無い所でどういうプレイや動きをするのか、プレイヤー同士がお互いに理解しはじめたからに他ならない。」

これに関して、ジョージも同じようなことを述べている。

「俺達は自分たちのグルーヴを見つけようとしているところだし、徐々にそれを見つけだしている。俺たちは、どうやれば一緒にプレイできるのか学んでいる段階だ。何よりも良いのは、俺達がそれをアウェイゲームでできているということだ。」

サンダーが快進撃を見せている間、ジョージのシュート回数は減っているが、FG%と平均得点はアップしている。それは、アンソニーも同様だ。

12月に入って14勝5敗と好調のサンダーは、ウェスタン・カンファレンスの5位にまで順位を上げた。現在チームは比較的楽なスケジュールの真っ只中だが、現地時間1月10日にウェスト4位のミネソタ・ティンバーウルブズとの直接対決を控えている。

人気記事

アーカイブ

リチャード・ジェファーソンが現役引退を発表!!
ニックスがジョアキム・ノアを解雇!!
ジャスティス・ウィンズローがヒートと契約延長!
スパーズに怪我人が相次ぐ!今度はデリック・ホワイトが無期限の欠場へ!
ダーク・ノビツキーは少なくとも2週間の欠場へ!
NBAが新ルールと新人オフィシャル等を発表!
新しいコートでシーズンを迎えるチームをご紹介!
レイカーズとウォリアーズのプレシーズンゲームが過去最高の視聴者数を記録!!
ジャズがドノバン・ミッチェルの3年目の契約オプションを行使!!
グリズリーズvsロケッツ戦 渡邊雄太が出場!
レブロン・ジェームズとロンゾ・ボールが初めて同じコートに!!
元NBA選手レイ・アレン来日イベントが開催された
18-19シーズン開幕直前、石田剛規と大予想会!第8回BASKRETBALL DINER
殿堂入りコーチのテックス・ウィンター氏が96歳で逝去
中国人NBAプレーヤーのジョウ・チーが膝を負傷!!
本日レイ・アレン来日イベント ライブ配信決定!
ジミー・バトラーの意志は変わらず!!
スティーブ・カーHCが退場処分に!!
デジョンテ・マレーの怪我は右膝前十字靭帯の断裂と判明!!
サンズがライアン・マクドノーGMを解任!!
ステフィン・カリーが超絶トリックショットを披露!!
デジョンテ・マレーが右膝を負傷して途中退場!!
ウルブズとヒートのトレード交渉は破断に?!
スパーズのロニー・ウォーカー4世が膝を手術!!
レブロン・ジェームズがブランドン・イングラムを高評価!!
  • デイリーハイライト
  • ウィークリーハイライト

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.