ニュース

オフェンスのリズムを掴み始めたサンダー

大型補強をしたにも関わらずシーズン序盤は波に乗れなかったオクラホマシティー・サンダーだが、ここに来て徐々にオフェンスのリズムを掴みはじめている。

オクラホマシティー・サンダーがオフェンスのリズムを掴んでいる。開幕から12月18日までのオフェンス・ランキングがリーグ24位だったサンダーが、最近の9試合ではリーグトップのオフェンス効率を誇っている(100ポゼッション中119得点)。

このオフェンス効率の上昇は、サンダーのスター選手達によるところが大きい。ここ9試合で、ラッセル・ウェストブルックのFG%は54%で、カーメロ・アンソニーとポール・ジョージの2人はスリーポイントを50%以上の高確率で決めている。

地元オクラホマ紙のブレット・ドーソン記者は、サンダーのオフェンスが好調な理由を、こう説明している。

「シュートが決まりだしたのは確かだが、理由はそれだけではない。先日のロサンゼルス・クリッパーズ戦の第4Qのプレイを振り返ってみよう。ウェストブルックが右にドライブし、短い距離のジャンプショットを打つかに見えた。しかし、彼はベースライン沿いをカットしてくるジョージにパスし、ジョージがレイアップを決めて残り6分47秒でサンダーは8点リードした。ウェストブルックが自らの視界に収まらない位置にいたジョージにアシストパスを出せたのは、ボールが無い所でどういうプレイや動きをするのか、プレイヤー同士がお互いに理解しはじめたからに他ならない。」

これに関して、ジョージも同じようなことを述べている。

「俺達は自分たちのグルーヴを見つけようとしているところだし、徐々にそれを見つけだしている。俺たちは、どうやれば一緒にプレイできるのか学んでいる段階だ。何よりも良いのは、俺達がそれをアウェイゲームでできているということだ。」

サンダーが快進撃を見せている間、ジョージのシュート回数は減っているが、FG%と平均得点はアップしている。それは、アンソニーも同様だ。

12月に入って14勝5敗と好調のサンダーは、ウェスタン・カンファレンスの5位にまで順位を上げた。現在チームは比較的楽なスケジュールの真っ只中だが、現地時間1月10日にウェスト4位のミネソタ・ティンバーウルブズとの直接対決を控えている。

アーカイブ

ラプターズの優勝パレードの会場で発砲事件
ラプターズがトロントで優勝パレード!!
NBAドラフト間近!最新のモックドラフトをチェック!
ジュリアス・ランドルがフリーエージェントに
イゴール・ココスコフ元サンズHCがキングスのACに就任
スティーブン・アダムスはニュージーランド代表に参加せず
ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.