ニュース

レナードが右大腿四頭筋のリハビリのため無期限欠場の見込み

負傷した右大腿四頭筋のリハビリを続けるため、レナードが無期限で欠場することが発表された。

サンアントニオ・スパーズは、カワイ・レナードが負傷した右大腿四頭筋の腱障害のリハビリを続けるため無期限で欠場することを発表した。

これに関して、スパーズのRC・ビュフォードGMはチームを通じて以下のような声明を出した。            

「カワイはリハビリを続けており、目覚ましい進捗を見せている。この欠場は、彼が以前のようなプレイをするためのベストな選択だ。」            

また、グレッグ・ポポビッチHCは、サンアントニオ・エクスプレス・ニュース紙のトム・オーズボーン記者の取材に対し、このレナード欠場の決断は彼の今後の長いキャリアを見据えてのことだと説明した。            

「レナードの欠場は、できれば我々も避けたかった。彼自身も試合に出たがっていた。彼は欠場することに酷く落胆していた。彼は心の底から試合に出たいと願っているからね。しかし、彼の健康を考えたら、この欠場は間違いなく賢明な判断だといえる。」            

ポポビッチHCによると、コーチ陣、医療チーム、リハビリテーション・スタッフ、そしてレナード自身による体調の報告を元にして、この欠場の判断は下されたという。            

「私は慎重すぎるのかもしれないが、トレーナー、リハビリ・スタッフ、医師、コーチらと長い時間をかけてレナードの怪我について話し合ったんだ。プレイ時間を制限した上でレナードを数試合に出場させ試合後に彼の感触を聞いたが、その内容は思わしいものではなかった。だから、我々は彼を無期限欠場させることにした。それがどれだけ長期になるか分からないが、彼が今まで以上に力強くなってコートに戻ることを望んでいるよ。」            

レナードは、ゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦した2017年のウェスタン・カンファレンス・ファイナルで右大腿四頭筋を負傷した。彼は今シーズン最初の27試合を欠場したが、12月12日の対ダラス・マーベリックス戦で復帰し、16分間で13得点した。それ以降、彼は2試合連続で試合に出ないようにして体調を管理されていたが、大敗を喫した1月13日の対デンバー・ナゲッツ戦を最後に試合から遠ざかっていた。今シーズンここまで、スパーズはレナードが出場した9試合で5勝4敗だった。チームは、オールスター・フォワードを欠いた状態でもうしばらく踏ん張らなければならない。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.