ニュース

レナードが右大腿四頭筋のリハビリのため無期限欠場の見込み

負傷した右大腿四頭筋のリハビリを続けるため、レナードが無期限で欠場することが発表された。

サンアントニオ・スパーズは、カワイ・レナードが負傷した右大腿四頭筋の腱障害のリハビリを続けるため無期限で欠場することを発表した。

これに関して、スパーズのRC・ビュフォードGMはチームを通じて以下のような声明を出した。            

「カワイはリハビリを続けており、目覚ましい進捗を見せている。この欠場は、彼が以前のようなプレイをするためのベストな選択だ。」            

また、グレッグ・ポポビッチHCは、サンアントニオ・エクスプレス・ニュース紙のトム・オーズボーン記者の取材に対し、このレナード欠場の決断は彼の今後の長いキャリアを見据えてのことだと説明した。            

「レナードの欠場は、できれば我々も避けたかった。彼自身も試合に出たがっていた。彼は欠場することに酷く落胆していた。彼は心の底から試合に出たいと願っているからね。しかし、彼の健康を考えたら、この欠場は間違いなく賢明な判断だといえる。」            

ポポビッチHCによると、コーチ陣、医療チーム、リハビリテーション・スタッフ、そしてレナード自身による体調の報告を元にして、この欠場の判断は下されたという。            

「私は慎重すぎるのかもしれないが、トレーナー、リハビリ・スタッフ、医師、コーチらと長い時間をかけてレナードの怪我について話し合ったんだ。プレイ時間を制限した上でレナードを数試合に出場させ試合後に彼の感触を聞いたが、その内容は思わしいものではなかった。だから、我々は彼を無期限欠場させることにした。それがどれだけ長期になるか分からないが、彼が今まで以上に力強くなってコートに戻ることを望んでいるよ。」            

レナードは、ゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦した2017年のウェスタン・カンファレンス・ファイナルで右大腿四頭筋を負傷した。彼は今シーズン最初の27試合を欠場したが、12月12日の対ダラス・マーベリックス戦で復帰し、16分間で13得点した。それ以降、彼は2試合連続で試合に出ないようにして体調を管理されていたが、大敗を喫した1月13日の対デンバー・ナゲッツ戦を最後に試合から遠ざかっていた。今シーズンここまで、スパーズはレナードが出場した9試合で5勝4敗だった。チームは、オールスター・フォワードを欠いた状態でもうしばらく踏ん張らなければならない。

アーカイブ

ブランドン・イングラムがGリーグで調整へ
ケント・ベイズモアに罰金処分
ニック・ナースHCに罰金処分
ステフィン・カリーがレギュラーシーズン通算15000得点を突破した
サンダーがビリー・ドノバンHCの5年目の契約オプションを行使
NBAオールスター2019のファン投票はクリスマスにスタート!!
レイジョン・ロンドがGリーグで調整へ
サディアス・ヤングとジェームズ・ハーデンが第9週の週間MVPを受賞!!
ペイサーズがリーグ史上初の女性アシスタントGMを採用
ウィザーズがトレバー・アリーザの獲得を正式に発表
スー・バード「私はバスケットボール選手」
ジミー・バトラーが復帰
ウィザーズがサンズからトレバー・アリーザを獲得へ
マイルズ・ターナーに罰金処分
マービン・バグリー3世が膝の怪我で10〜14日間の戦線離脱
ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.