ニュース

今日は何の日 〜カーメロ・アンソニーがアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新〜

2006年8月23日、カーメロ・アンソニーが世界選手権で35得点を挙げ、アメリカ代表の1試合最多得点記録を更新した

2006年8月23日、カーメロ・アンソニーが世界選手権(現FIBAワールドカップ)のイタリア戦で35得点を挙げ、国際試合におけるアメリカ代表の1試合最多得点記録を更新した。それ以前の記録保持者は1990年に34得点を記録したケニー・アンダーソン(元ニュージャージ・ネッツほか)だった。

2002年の世界選手権では6位、続く2004年のアテネオリンピックでは3位と、2大会連続でアメリカ代表は金メダルを逃していた。この状況を受けて、2006年の世界選手権からデューク大学のコーチKことマイク・シャシェフスキーをヘッドコーチに招聘。新体制最初の国際大会が、2006年の世界選手権だった。

日本で開催されたこの大会、結果的にはアメリカ代表は準決勝でギリシャに敗戦し銅メダルで終わってしまうが、この大会からレブロン・ジェームズ、クリス・ポール、そしてカーメロ・アンソニーが参加し、その後の北京(2008年)、ロンドン(2012年)とオリンピックを連覇するチームの基盤が作られた重要な大会となった。

現在ではバスケットボールのトレンドに対しアジャストできず批判されることが多いアンソニーだが、キャリア初期の得点能力は爆発的だった。冒頭のように得点記録を塗り替えた2006年の世界選手権では、ドウェイン・ウェイドやレブロンを抑え、平均19.9点でチームのスコアリングリーダーとなった。その後2012年のロンドンオリンピックでは37得点を挙げて、記録を更新している。

アーカイブ

NBA1年目に備える八村塁
FIBAワールドカップ:リッキー・ルビオらの活躍によりスペイン代表が優勝
FIBAワールドカップ:フランス代表が銅メダルを獲得
シクサーズがチャールズ・バークレー氏の銅像を披露
マイケル・ジョーダン氏がホーネッツの持ち株の一部を売却
NBAがタンパリングの罰則強化に関する投票を実施へ
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が7位決定戦に勝利
W杯で敗れたグレッグ・ポポビッチHC「誰が出場辞退したかは関係ない」
FIBAワールドカップ準決勝:2オーバータイムの激闘の末にスペイン代表が決勝進出
FIBAワールドカップ準決勝:アルゼンチン代表がフランス代表を下して決勝進出
ショーン・リビングストンがNBAからの引退を表明
コービー・ブライアント「アメリカ代表が楽に勝てる時代は終わった」
コービー・ブライアントがドワイト・ハワードにアドバイス
ジョー・ジョンソンがピストンズとの契約に合意
レブロン・ジェームズ『Taco Tuesday』を商標登録できず
FIBAワールドカップ:アメリカ代表が2連敗
マイク・マスカラがサンダーと契約した理由を明かした
ラッセル・ウェストブルック、ロケッツで王者となりレガシーを残せるか?
マイアミ・ヒートがバム・アデバヨの4年目のチームオプションを行使
NBAチャンピオン・リングの偽物がロサンゼルス国際空港で押収!
FIBAワールドカップ準々決勝:オーストラリア代表が準決勝に進出!
FIBAワールドカップ準々決勝:フランス代表がアメリカ代表の国際試合での連勝をストップ!
レイ・アレン「神に祈るような気持ちだった」と伝説の一発を回顧
レブロン・ジェームズ、Blaze Pizzaのロン役でCMに登場
FIBAワールドカップ準々決勝:リッキー・ルビオの活躍でスペイン代表が準決勝進出!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.