ニュース

ウォリアーズの投資家に1年間の出入り禁止と罰金の処分

NBAファイナル第3戦でカイル・ラウリーを突き飛ばしたウォリアーズの投資家に1年間の出入り禁止と罰金処分が言い渡された

オラクル・アリーナで行われたNBAファイナル第3戦で、トロント・ラプターズのカイル・ラウリーを手で突き飛ばした最前列の観客が退場処分になった。その観客は、ラウリーがルーズボールを追って観客席に飛び込んだ際に、ラウリーの左腕あたりを手で押していた。

この日、ラウリーは23得点の大活躍を見せ、チームも123-109で勝利してシリーズの勝敗を2勝1敗としたが、試合後もラウリーの怒りはおさまらなかった。

試合後の会見でラウリーは「決してあんなことをしてはいけない。彼が俺の体に触る理由は何もない。彼はわざわざ2席先から手を伸ばしてきて、いくつかの下品な言葉を俺に投げかけてきた。俺たちのリーグに、そんなことをする人間がいてはならない」とコメントしている。

後に、NBAはこの観客に1年間の出入り禁止と50万ドル(約5500万円)の罰金処分を言い渡した。

処分を受けたマーク・スティーブンス氏はゴールデンステイト・ウォリアーズの投資家で、チームの重役委員会のメンバーでもある。ウォリアーズは声明文の中で「スティーブンス氏の昨夜の行動は、我々の球団のやり方を反映したものではない。我々は彼の行動に非常に落胆しており、カイル・ラウリーとトロント・ラプターズには心から謝罪したいと考えている」とコメントした。

ラウリーは、まだスティーブンス氏から謝罪されていないそうだ。

「彼のことを知らないし、知りたくもない。あれが彼の本質だ。あんな出来事がNBAファイナルで語られることが残念だ。今年のNBAファイナルはとても良い試合が続いている。両チームとも闘争心に溢れている。そんな時に、あのような出来事が起こったのは残念なことだ」

スティーブンス氏がウォリアーズにどれだけ投資しているかは明らかになっておらず、チームが今後も彼を重役の職に置いておくかどうかは不明だ。ウォリアーズのメディアガイドによると、シリコンバレーの億万長者であるスティーブンス氏は、チームに六人いる重役委員会のうちの1人だそうだ。

NBAのスポークスマンのマイク・バス氏は「チームの代表者は、昨晩のマーク・スティーブンス氏の行動に対して毅然とした対応を見せなければならない。あのような行動は、我々のリーグでは決して行われてはならない」とコメントしている。

アーカイブ

アル・ホーフォードは76ersの救世主となれるか
アメリカ代表がFIBAランク1位をキープ
エレナ・デレドンがWNBAのシーズンMVPを受賞
ケビン・デュラントがネッツのユニフォーム姿を初披露
NBAがデマーカス・カズンズのディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションを承認
ダラス・マーベリックスが馬場雄大との契約を正式発表
ピストンズがジョー・ジョンソンと契約
ヤニス・アデトクンボのウォリアーズ移籍説をバックスが否定
NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.