ニュース

ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞

ウォリアーズが、スポーツ・イラストレイテッド誌が選ぶスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞

3度のNBAチャンピオンに輝くゴールデンステイト・ウォリアーズが、スポーツ・イラストレイテッド誌が選ぶ『スポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤー』を受賞した。

この賞に選ばれたスポーツ・チームは、1980年のアイスホッケーのアメリカ代表チーム、1999年のサッカー・ワールドカップ・アメリカ女子代表チーム、2004年のボストン・レッドソックスに次いで、ウォリアーズが4チーム目となる。

現地12月10日、スポーツ・イラストレイテッド誌のクリス・ストーン編集長が、直近の4年間で3回優勝しているウォリアーズを『スポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤー』に選んだことを発表した。彼は、この2〜3年の間は毎年のようにステフィン・カリーが受賞候補に挙がっていたことも明かしている。

ストーン編集長は、「ゼロの状態から1つ1つピースを揃え、ここまでのチームを作り上げたことは非常に素晴らしいことだ。彼らは、確実に成功するための機能的な方法によって帝国を築き上げた。彼らは、現代を象徴するチームだ。あらゆるピースがこれほどまでに美しく混ざり合ったチームが、私が生きている間に再び現れるかどうかは定かではない」と、ウォリアーズの功績を讃えた。

また、ストーン編集長は、ウォリアーズが長きに渡って独特なやり方をしていたことも、今回の選考のポイントになったと語っている。

今回の選考には、ワシントン・キャピタルズを初のNHL優勝に導いたアレキサンダー・オヴィツキン、タイガー・ウッズ、レブロン・ジェームズらの名前も挙がっていたが、ウォリアーズが連覇を果たしたことが決め手となったそうだ。

ストーン編集長は、「彼らは一丸となってプレーしていたし、全員が同じ意見を世界に発信していた。レブロン(ジェームズ)が様々な難しい社会問題に関する意見を発信し続けていたのと同じように、ウォリアーズもチームとして共通の意見を発信し続けた。彼らは力強く、かつ丁寧に語り続けた」と語っている。

この賞の授賞式は現地12月11日にロサンゼルスで行われ、その様子は同13日にNBCSNで放送される。

ウォリアーズのボブ・マイヤーズ球団社長は、「この受賞は大変光栄なことであると同時に、『Strength in Numbers』という我々のチーム哲学が認められた証でもある。我々のチームの成功は、球団に所属する選手一人一人、コーチ、スタッフらによって成し遂げられたものだ。この我々特有のやり方がスポーツ・イラストレイテッド誌に認められたことは、非常に素晴らしいことだ」とコメントしている。

アーカイブ

ブラッドリー・ビールとルディ・ゴベアが週間MVPを受賞!!
ヤニス・アデトクンボが今シーズン11人目の50得点越えを達成!!
ザック・ラビーン「ジム・ボイレンHCの罰金を肩代わりしたい」
CJ・マッカラムが左膝を負傷
テクニカルファールが累積16回に達したラッセル・ウェストブルックが1試合の出場停止へ
マルコム・ブログドンが足底筋膜の断裂により無期限の戦線離脱
ブランドン・イングラムの右腕の手術が成功
ダンテ・エクサムが膝の負傷により無期限の離脱
NBAリーグパスに『10分間パス』が追加
オクラホマシティ・サンダーのジャージー・パッチが決定
怪我からの復帰を目指すクリスタプス・ポルジンギスが5対5のチーム練習に参加
クレイ・トンプソンがファンに謝罪
ナゲッツがアイザイア・トーマスをローテーションから外すことを決定
ロケッツのダリル・モーリーGMが5年の契約延長に合意
ケビン・デュラントが右足首の捻挫によりロケッツ戦を欠場
ラッセル・ウェストブルックに2万5000ドルの罰金処分
サージ・イバカとマーキース・クリスに出場停止処分
チャールズ・オークリー氏がニックスのオーナーを批判
ユタ・ジャズが、ラッセル・ウェストブルックに野次を飛ばした観客を出入り禁止にすることを発表
ルー・ウィリアムズが控え選手の得点ランキングでNBA歴代1位に浮上!!
ユタ・ジャズが、ラッセル・ウェストブルックと観客との口論について調査
レイカーズがアンドレ・イングラムと10日間契約!!
アンドレ・ドラモンドとマイク・コンリーが週間MVPを受賞!!
ジョエル・エンビードが8試合ぶりに復帰!!
ロンゾ・ボールの今シーズン残り試合全休が決定
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.