ニュース

14連勝で驚異的なポテンシャルを見せるシクサーズは「恐ろしい」!?

大黒柱のジョエル・エンビードを欠く状況の中、若いシクサーズが破竹の14連勝で驚異的なポテンシャルを見せつけている

若くて才能があり、恐れを知らないフィラデルフィア・76ers(以下シクサーズ)が、シーズン終盤にきてイースタン・カンファレンスの脅威になっている。現地4月6日にレブロン・ジェームズ率いる元王者のクリーブランド・キャバリアーズを下したことで、シクサーズの『Trust The Process(プロセスを信じろ)』というキャッチフレーズが、もはや単なる流行語の域を超えていることを世間に知らしめた。

更に恐ろしいのは、彼らが大黒柱のジョエル・エンビード抜きで快進撃を繰り広げていることだ。そのエンビードもプレーオフには復帰するため、他チームは今から戦々恐々としているはずだ。Phillynews.comのサラ・トッド記者は、この『恐ろしい』というフレーズが最近のシクサーズを表現する最も的確な言葉であると、以下のようにリポートしている。

エンビードの負傷離脱後、シクサーズは早いペースのオフェンスとスリーポイントシュート攻勢で大成功している。しかし、この戦い方では、ちょっとしたミスで大崩れしかねないのも確かだ。だからこそ、大黒柱のエンビードが復帰すれば、彼らはもっと強くなる可能性を秘めているのだ。

また、シクサーズのブレット・ブラウンHC(ヘッドコーチ)は、ロッカールーム内でのエンビードの存在の大きさも高く評価している。ブラウンHCによると、たとえ試合には出ていなくても、エンビードの存在と言葉によってチームは1つにまとまっているというのだ。

エンビード復帰後のチームがどのように変化するかと聞かれたシクサーズの選手達は、揃って『ある言葉』を口にした。

ベン・シモンズ「きっと恐ろしいことになるよ。」
マーケル・フルツ「ジョー(エンビード)抜きでここまで出来るなんて、とても恐ろしいよ。」

エンビードが戻ってきてフルメンバーで戦うことになるプレーオフの展望について聞かれたロバート・コビントンの答えも一緒だ。

「あぁ、恐ろしいよ。」

アーカイブ

16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
ジョエル・エンビードがジミー・バトラー加入後の役割に不満?!
ポール・ミルサップがつま先を骨折!!
キャバリアーズがジョージ・ヒルをトレード!!
レブロン・ジェームズが親友のカーメロ・アンソニー獲得に関心?!
ブランドン・イングラムが足首の捻挫により2試合の欠場へ
トリスタン・トンプソンに罰金処分
サンロッカーズ渋谷、長谷川智也「これまでの振り返りや展望について」第17回BASKETBALL DINER
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.