ニュース

ベンチに座っていたデマーカス・カズンズが退場処分に

怪我からの復帰を目指し、現在は私服姿でベンチに座っているウォリアーズのデマーカス・カズンズが、退場処分を言い渡された

アキレス腱断裂からのリハビリ中で、今シーズンはまだ1試合もプレーしていないゴールデンステイト・ウォリアーズのデマーカス・カズンズが、復帰するよりも先に退場処分になった。

ウォリアーズが128対100でニューヨーク・ニックスに勝利した現地10月26日の試合の第1Q(クォーター)、スコット・フォスター審判に苦情を言ったカズンズに退場処分が言い渡された。

ウォリアーズのスティーブ・カーHC(ヘッドコーチ)は、フォスター審判から「カズンズとニックスのエネス・カンターが言い合いをしていたので、彼らに注意を与えた。すると、カズンズの矛先が私に向かってきた」という説明を受けたそうだ。

第1Q残り2分28秒に取られたタイムアウトが明ける際、タイムアウト中にカズンズがテクニカルファールをコールされたことがアナウンスされ、その後、彼はコートから連れ出された。

試合後、フォスター審判は記者団に対して以下のようなコメントをしている。

「カズンズは裁定に異議を唱えてきた。彼のスポーツマンらしからぬ行為に対して、私はテクニカルファールをコールし、彼を退場処分とした。」

通常はテクニカルファール2つで退場になるのだが、カズンズはテクニカルファール1つで退場となった。この点について、フォスター審判は「彼は(故障者リストに入っていて)試合に出ていない選手なので、テクニカルファール1つだけでも十分に退場に値すると審判団が判断した」と説明している。カズンズの発言内容と退場処分との関係については、「彼の発言内容もそうだが、それ以上に彼の言い方が悪かった」と、フォスター審判はコメントしている。

カズンズは、今もまだアキレス腱断裂からの復帰に向けてリハビリを続けている段階だ。現地10月25日に、彼は手術後初めてのチーム練習に参加したが、復帰時期はまだ未定のままだ。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.