ニュース

レブロン・ジェームズがレイカーズで待望の1勝目!!

レブロン・ジェームズが、レイカーズに移籍して最初の1勝目を飾った

出場停止処分により複数の主力選手を欠く苦しい状況の中、レブロン・ジェームズがロサンゼルス・レイカーズに移籍して最初の1勝目をもぎ取った。

ジェームズは、19得点10アシスト7リバウンドと大活躍してチームの勝利に貢献した。試合は、131対113でレイカーズがフェニックス・サンズに勝利している。ジェームズは、自身のキャリアで74回目のトリプルダブルを達成できる勢いだったが、大差が付いていたため第4Q(クォーター)は試合に出場しなかった。

レイカーズでは、ジェームズの他にも、ランス・スティーブンソンが23得点8リバウンド8アシスト、ジャベール・マギーが20得点、カイル・クーズマが17得点を記録している。レイカーズは、7選手が二桁得点を記録している。

サンズのデビン・ブッカーは23得点7リバウンド7アシストと活躍していたが、左ハムストリングの負傷により第3Q途中で試合を後にしていた。ドラ1ルーキーのディアンドレ・エイトンは、22得点11リバウンドを記録している。

この試合、レイカーズはレイジョン・ロンドとブランドン・イングラムを出場停止で欠いていた。彼らは、先日のヒューストン・ロケッツ戦で大乱闘をしたため、ロンドは3試合の出場停止を、イングラムは4試合の出場停止をそれぞれ言い渡されている。(乱闘についての記事はこちら)

だが、この日のレイカーズは彼らの欠場の影響を一向に感じさせず、第2Qだけで44点の猛攻を見せてハーフタイムまでに大量得点差を奪っていた。

第2Q残り7分9秒にサンズのアイザイア・カナーンがレイアップを決めた段階まで、試合は46対41という接戦が続いていた。

しかし、サンズが4つのターンオーバーを犯している間にレイカーズが17対2のランを見せ、前半残り3分51秒には63対43とレイカーズが一気にリードを広げていた。

前半はレイカーズが76対54で折り返し、サンズは第3Qに点差を16点以下に縮めることができなかった。

アーカイブ

ラプターズの優勝パレードの会場で発砲事件
ラプターズがトロントで優勝パレード!!
NBAドラフト間近!最新のモックドラフトをチェック!
ジュリアス・ランドルがフリーエージェントに
イゴール・ココスコフ元サンズHCがキングスのACに就任
スティーブン・アダムスはニュージーランド代表に参加せず
ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.