ニュース

サンズが正式にジャマール・クロフォードと契約!!

サンズがジャマール・クロフォードと契約したことを発表した

フェニックス・サンズが、18年のNBAキャリアを誇る大ベテランのジャマール・クロフォードと正式に契約を交わした。これに伴い、サンズはガードのダヴォン・リードを解雇している。

クロフォードは、NBA史上最も爆発力のあるスコアラーの1人として知られ、多くの選手から尊敬を集めている。キャリアを通じて3回もシックスマン賞(2009-10シーズン、2013-14シーズン、2015-16シーズン)を受賞しているのはNBA史上でクロフォード唯1人だ。彼は、昨年のNBAチームメイト・オブ・ザ・イヤーもも受賞している。

クロフォードは、キャリア通算スリーポイント成功数(2153本)でNBA歴代5位、通算出場試合数(1262試合)でNBA歴代30位、キャリア通算総得点(18906点)でNBA歴代57位にそれぞれランクインしている。彼が控え出場時に記録した通算得点(10766点)は、過去35年の間にプレーしたNBAの全控え選手の中で2番目に多い数字だ(歴代1位はデル・カリー)。また、彼は、4ポイント・プレーの回数(53回)でNBA歴代1位にランクしている。

35歳のクロフォードは、これまでの18シーズンのキャリアで、シカゴ・ブルズ(2000-2004シーズン)、ニューヨーク・ニックス(2004-2008シーズン)、ゴールデンステイト・ウオリアーズ(2008-2009シーズン)、アトランタ・ホークス(2009-2011シーズン)、ポートランド・トレイルブレイザーズ(2011-12シーズン)、ロサンゼルス・クリッパーズ(2012-2017シーズン)、ミネソタ・ティンバーウルブズ(2017-2018シーズン)の計7チームでプレーしてきた。その間、彼は通算で1試合平均15得点3.4アシスト2.3リバウンド、スリーポイント成功率34.9%という成績を残している。
キャリア通算で86.2%というフリースロー成功率(NBA歴代37位)を誇るクロフォードは、トレイルブレイザーズ時代の2011-12シーズンにフリースロー成功率でリーグ1位(92.7%)に輝いている。
また、彼は過去に3試合で50得点以上を記録しており、ニックス時代の2007年1月26日(現地時間)の対マイアミ・ヒート戦でキャリアハイの52得点を記録している。3つの異なるチームそれぞれで50得点以上を記録したのは、NBA史上4人しかいない(クロフォード、ウィルト・チェンバレン、バーナード・キング、モーゼス・マローン)。

昨シーズン、クロフォードはティンバーウルブズの控えの得点リーダーとして活躍し、レギュラーシーズンの80試合で平均10.3得点、プレーオフの5試合で平均11.8得点という成績を残した。彼の活躍もあって、ティンバーウルブズは球団にとって14年ぶりのプレーオフ進出を果たしている。

彼は、これまでのキャリアで8回プレーオフに進出しており、そのうちの直近6シーズンは必ずチームをプレーオフに導いている。彼は、これまでに出場したプレーオフの74試合で、1試合平均14.3得点2.2アシスト1.9リバウンドという成績を残している。また、クロフォードは、過去に4つのチームでカンファレンス・セミファイナルにまで駒を進めている。

クロフォードは、ミシガン大で1年プレーした後、2000年のNBAドラフト1巡目全体8位でクリーブランド・キャバリアーズに指名された。彼は、今でも故郷のシアトルのコミュニティーに恩返しすることを忘れていない。

解雇されたリードは、2017年のNBAドラフト2巡目32位でサンズに指名された選手で、プロ入り1年目の昨シーズンは21試合に出場して1試合平均3得点1.9リバウンドを記録していた。

サンズのロスターは、現在16人にまで絞られた。

アーカイブ

アトランタ・ホークスがトラビス・シュレンク氏をバスケットボール運営部門代表兼GMに昇格
フリーエージェント情報:JJ・バレアがダラス・マーベリックスと再契約
FIBAが、FIBAワールドカップ2019・ファーストラウンドの全日程を発表
ステフィン・カリーがハワード大のゴルフ・チーム設立を援助
デイビッド・ブラット氏が多発性硬化症に
ドノバン・ミッチェルがスター選手の知識を吸収中!!
【レイカーズの噂】デマーカス・カズンズの代わりはドワイト・ハワード?
今日は何の日 〜キャバリアーズがアンソニー・ベネットと契約〜
アーロン・ベインズがジェイソン・テイタムとジェイレン・ブラウンを大絶賛
ケンバ・ウォーカーの加入はセルティクスをどう変える?
Bleacher Reportの記者が今度はアンドリュー・ウィギンズのトレードを提案
フルカン・コルクマズが国際試合で活躍中!
ディアーロン・フォックスがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
アメリカ代表が親善試合でスペイン代表に勝利
サンアントニオ・スパーズがトニー・パーカーの背番号9番を永久欠番に
PJ・タッカーがアメリカ代表チームのロスター入りを辞退
今日は何の日 〜リッキー・ピアースが生まれる〜
今日は何の日 〜ラリー・バードが引退を発表〜
今日は何の日 〜エディ・グリフィンが交通事故で亡くなる〜
カーメロ・アンソニーにネッツ移籍の可能性が浮上
ウェス・ウィルコックス元GMが新シーズンにトレードされそうな選手を予想
今日は何の日 〜ボビー・ジョーンズがシクサーズに移籍〜
ドノバン・ミッチェル「アメリカのためにプレイする」
フリーエージェント情報:パトリック・パターソンがロサンゼルス・クリッパーズと契約
フリーエージェント情報:ヨナス・ジェレブコがロシアのチームと契約
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.