ニュース

12月の月間新人賞はテイタムとミッチェルが受賞

12月の月間新人賞は、イースタン・カンファレンスからはボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムが、ウェスタン・カンファレンスからはユタ・ジャズのドノバン・ミッチェルがそれぞれ受賞した。

セルティックスのジェイソン・テイタムとジャズのドノバン・ミッチェルが12月の月間新人賞を受賞した。

テイタムは12月に17試合プレイし、イースタン・カンファレンスのルーキーの中で平均得点で2位(14.6点)、リバウンドで4位(5.9リバウンド)にランクした。チームも11勝6敗でカンファレンス1位をキープしている。今シーズンここまで、テイタムは1年目の全選手の中で一番多い59本のフリースローを決め、FG%(52.9%)と3PFG%(45.1%)とFT%(81.9%)の3部門で全ルーキー中4位の成績をおさめている。 19歳のフォワードは、今シーズン既に14回の二桁得点を記録し、そのうち2回は20点を取った。また、10リバウンドした試合も3試合ある。彼がNBAキャリアで3回達成したダブルダブルのうち2回は12月中に達成した。

ミッチェルは12月に13試合プレイし、平均得点(23.1点)とスティール(1.77スティール)の2部門で全ルーキー中トップの成績をおさめた。また、彼の88.2%(45/51)というFT%は、フリースローを20本以上試投した1年目の全選手の中で最高の確率だ。さらに、ミッチェルはFG%(50.7)でウェスタン・カンファレンスのルーキー中3位、平均アシスト(3.8アシスト)で同4位を記録した。この21歳のガードは、12月最初の試合となる現地時間12月1日のニューオリンズ・ペリカンズ戦で41得点し、チームが114対108で勝利する原動力となった。ルーキーが40得点以上するのはジャズの球団史上初であり、NBA全体で見てもルーキーが40得点以上するのは2011年1月にブレイク・グリフィン(ロサンゼルス・クリッパーズ)が記録して以来となる。 ミッチェルは12月中の7試合で25得点以上した。

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.