ニュース

ジミー・バトラーがチームにトレードを要求!!

ジミー・バトラーがティンバーウルブズにトレードを要求したようだ

オールスター選手のジミー・バトラーが、ミネソタ・ティバーウルブズにトレードを要求したようだ。

The Athleticのシャムス・シャラニア記者とジョン・クロージンスキー記者によると、バトラーは、今後彼が契約延長を結ぶ可能性がある3つのチームをティンバーウルブズ側に提示したという。

ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、バトラーは自らのトレード先としてブルックリン・ネッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューヨーク・ニックスの3チームを提示したが、ティンバーウルブズ側は現在のところ彼をトレードする気は無いそうだ。

バトラーの来シーズンの契約はプレーヤーオプション(選手側が最終年の契約を続行するか否かを決められる権利)になっており、彼がオプトアウトして2019年のフリーエージェント市場に打って出ることは濃厚と見られている。また、オールスター・ビッグマンのカール・アンソニー・タウンズは今シーズンが契約最終年なので、現地10月15日までにティンバーウルブズと延長契約を結ばなかった場合、彼もまた2019年のオフにフリーエージェントになる可能性がある。

今オフに入って、『チームメイトのタウンズとアンドリュー・ウィギンズから熱意が感じられない』と、バトラーが苛立っているという情報が飛び交った。2018-19シーズンから、ウィギンズのサラリーは年間2500万ドル(約28億円)へと一気に高騰する。これにより、彼のサラリーはチームのサラリー総額の20%以上を締めることになり、ティンバーウルブズはラグジュアリータックス(サラリー総額を超過したチームに科せられる贅沢税)を支払う瀬戸際に追い込まれることになる。

しかし、クロージンスキー記者によると、今回のバトラーの決断はタウンズやウィギンズのこととは無関係であり、純粋に契約金額のことが関係しているそうだ。

バトラーは、スコット・レイデンGM(ゼネラルマネージャー)とトム・シボドーHC(ヘッドコーチ)と面談する予定であることを、自身のツイッターに投稿していた。その投稿の中で、彼は「インターネットの情報を鵜呑みにしてはいけないよ。俺は今日ミーティングしたんじゃない。明日ミーティングするんだ。何でそんな情報が流れたのか理解できないよ」とコメントしている。

ウォジナロウスキー記者は、最初の予定ではバトラー達はミネアポリスでミーティングする予定だったが、急きょ予定が変更され、シボドーHC達がバトラーがいるロサンゼルスに出向くことになったと報じている。

2017年のオフに、ティンバーウルブズはクリス・ダン、ザック・ラビーン、ラウリー・マルッカネンらをシカゴ・ブルズにトレードし、その見返りとしてバトラーを獲得した。移籍1年目の昨シーズン、彼は若手選手揃いのティバーウルブズを牽引して47勝35敗という好成績を残し、自身も4年連続のNBAオールスター出場を果たした。チームも14年ぶりのプレーオフ進出を果たしたが、プレーオフ・ファーストラウンドで第1シードのヒューストン・ロケッツに1勝4敗で敗れている。

昨シーズン、バトラーは1試合平均22.2得点5.3リバウンド4.9アシスト2スティールを記録し、ALL NBAサード・チームとALL NBAディフェンシブ・セカンド・チームに選出されている。

2019年のフリーエージェント市場が魅力的なため、多くのスター選手達が昨シーズン中にチームと延長契約を結ぶことを拒んでいる。バトラーもその中の1人だが、シボドーHCはその点に関しては特に気にしていないと、6月下旬のインタビューで語っていた。

「彼と延長契約を結ぶために日々取り組んでいる。我々は彼の重要性を知っているし、彼がリーグのベストプレーヤーの1人であることを知っている。彼はミネアポリスでの暮らしを気に入っている。だが、彼にとって最も重要なのは勝つことなんだ。」

バトラーは、右手を手術した関係で、今夏にラスベガスで開催されたアメリカ代表チームのキャンプを欠場している。

ティンバーウルブズのメディアデーは現地9月24日に行われ、その翌日からトレーニングキャンプが始まる。

アーカイブ

NBA Gリーグがウィンター・ショウケースの新しいフォーマットを発表
カイリー・アービングが婚約?
アイザイア・トーマスが6〜8週間の戦線離脱
NBAが、ジョー・ツァイ氏のネッツ買収を承認
ステフィン・カリーとデイミアン・リラードが東京オリンピック出場を明言
ドリュー・ホリデー「球団全体の雰囲気がガラリと変わった」
ペリカンズにディスエイブルド・プレイヤー・エクセプションが適用
R・J・バレット「ポルジンギスにポスタライズダンクを決めたい」
ヤオ・ミン、シャックについて「世界最高の選手と戦ってみたかった」
イマン・シャンパートとロケッツとの契約交渉が決裂
ニコラ・ブーチェビッチにまつわる5つの興味深いスタッツ
ウォリアーズが2019-20シーズンに着用する6つのジャージー・デザインを発表
ジェリー・コランジェロ氏「2020年のオリンピックまで悔しさを引きずりそうだ」
マイケル・ジョーダン氏がテキーラ・ビジネスに参入
馬場雄大がダラス・マーベリックスから正式オファー
NBA1シーズン目を迎えるナゲッツのブラッコ・チャンチャーが5つの質問に回答
アメリカと中国の貿易戦争がNBAファンに与える影響は?
拡大を続ける中国のNBA人気
マジックがマーケル・フルツの契約オプションを行使
ターナー社の元社長のデイビッド・レビー氏がネッツのCEOに就任
マーベリックスがダーク・ノビツキーのシルエットをコートに配置
Sports IllustratedのNBA選手ランキングでレブロン・ジェームズ以外の選手が1位に初選出
【FAの噂】ジョアキム・ノアがクリッパーズに貢献できる理由
「NBAのサーカスにはうんざり」と不満を露わにしたケビン・デュラントについてスコッティ・ピッペンが言及
NBA1年目に備える八村塁
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.