ニュース

今年のスリーポイント・コンテストに出場する10選手が決定!

今年のオールスター・ウィークエンドに開催されるスリーポイント・コンテストに出場する10選手が発表された

今年のオールスター・ウィークエンドに開催されるスリーポイント・コンテストは、例年よりも2人多い10選手によって優勝が争われることになった。今回は、デビン・ブッカー、セス・カリー、ステフィン・カリー、ダニー・グリーン、ジョー・ハリス、バディ・ヒールド、デイミアン・リラード、クリス・ミドルトン、ダーク・ノビツキー、ケンバ・ウォーカーの10名がシュートの腕を競う。

第33回スリーポイント・コンテストは、オールスター・サタデーナイトに行われるイベントの1つで、この日は他にもスキルズ・チャレンジとスラムダンク・コンテストが開催される。

2ラウンド制で行われるスリーポイント・コンテストの注目ポイントは以下の通り。
・シーズンMVPとファイナルMVPの受賞者が出場(ステフィン・カリーとノビツキー)
・NBAオールスターゲーム2019出場者から5名が出場(ステフィン・カリー、リラード、ミドルトン、ノビツキー、ウォーカー)
・NBAファイナルの最多スリーポイントシュート成功数の上位2名が出場(1位のステフィン・カリーと2位のグリーン)
・今シーズンのスリーポイントシュート成功率上位5名が出場(セス・カリー、ステフィン・カリー、ハリス、ヒールド)
・今シーズンのスリーポイントシュート成功数上位3名が出場(ステフィン・カリー、ヒールド、ウォーカー)

− スリーポイント・コンテスト出場者 −
デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)
セス・カリー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
ダニー・グリーン(トロント・ラプターズ)
ジョー・ハリス(ブルックリン・ネッツ)
バディ・ヒールド(サクラメント・キングス)
デイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)
クリス・ミドルトン(ミルウォーキー・バックス)
ダーク・ノビツキー(ダラス・マーベリックス)
ケンバ・ウォーカー(シャーロット・ホーネッツ)

− スリーポイント・コンテスト ルール −
スリーポイント・コンテストは時間制限のある競技で、2ラウンド制で争われる。選手は、スリーポイント・ラインの外側の5箇所のシューティング・スポットからシュートを打つ。各スポットには5つのボールが置かれたラックが設置されている。そのうち4つのラックには、4個のレギュラーボール(1つ1点)と1個のマネーボール(1つ2点)が置かれる。5つ目のラックは、5個全てがマネーボールの『スペシャル・ラック』だ。この『スペシャル・ラック』を配置するスポットについては、それぞれの選手が5箇所の中から好きなスポットを選んで良いことになっている。
各選手は1分間の間に最大25個のボールをシュートすることができる。第1ラウンドの上位3名の選手が、次の『チャンピオンシップ・ラウンド』に進むことができる。

− スリーポイント・コンテスト 歴代優勝者 −
1986年 ラリー・バード(ボストン・セルティックス)
1987年 ラリー・バード(ボストン・セルティックス)
1988年 ラリー・バード(ボストン・セルティックス)
1989年 デール・エリス(シアトル・スーパーソニックス)
1990年 クレイグ・ホッジス(シカゴ・ブルズ)
1991年 クレイグ・ホッジス(シカゴ・ブルズ)
1992年 クレイグ・ホッジス(シカゴ・ブルズ)
1993年 マーク・プライス(クリーブランド・キャバリアーズ)
1994年 マーク・プライス(クリーブランド・キャバリアーズ)
1995年 グレン・ライス(マイアミ・ヒート)
1996年 ティム・レグラー(ワシントン・ウィザーズ)
1997年 スティーブ・カー(シカゴ・ブルズ)
1998年 ジェフ・ホーナセック(ユタ・ジャズ)
2000年 ジェフ・ホーナセック(ユタ・ジャズ)
2001年 レイ・アレン(ミルウォーキー・バックス)
2002年 ペジャ・ストヤコビッチ(サクラメント・キングス)
2003年 ペジャ・ストヤコビッチ(サクラメント・キングス)
2004年 ボション・レナード(デンバー・ナゲッツ)
2005年 クエンティン・リチャードソン(フェニックス・サンズ)
2006年 ダーク・ノビツキー(ダラス・マーベリックス)
2007年 ジェイソン・カポノ(マイアミ・ヒート)
2008年 ジェイソン・カポノ(トロント・ラプターズ)
2009年 デクワン・クック(マイアミ・ヒート)
2010年 ポール・ピアース(ボストン・セルティックス)
2011年 ジェームズ・ジョーンズ(マイアミ・ヒート)
2012年 ケビン・ラブ(ミネソタ・ティンバーウルブズ)
2013年 カイリー・アービング(クリーブランド・キャバリアーズ)
2014年 マルコ・ベリネリ(サンアントニオ・スパーズ)
2015年 ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2016年 クレイ・トンプソン(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)
2017年 エリック・ゴードン(ヒューストン・ロケッツ)
2018年 デビン・ブッカー(フェニックス・サンズ)

アーカイブ

ラメロ・ボール、オーストラリア行きを検討
ルーキー・ウォッチ 〜ガーランド、自分がベストと発言〜
今日は何の日 〜ピアースがファイナルMVPを受賞〜
FAの噂:ジミー・バトラーがオプトアウトする可能性大
ウォリアーズの黄金時代は終わってしまうのか?
レブロン・ジェームズ「これは始まりに過ぎない」
アンソニー・デイビスがレイカーズへ!!
NBAファイナル第6戦がカナダで高視聴率を記録
カワイ・レナードが2度目のファイナルMVPを受賞!
クレイ・トンプソンが左膝の前十字靭帯を断裂
クレイ・トンプソンがプレイオフの3ポイント成功数でレブロン・ジェームズ超え
クレイ・トンプソンの父、息子のウォリアーズ残留を明言
警察当局がマサイ・ウジリ氏の暴行を主張
レイカーズがアンソニー・デイビスのトレードを積極的に打診中?
カイリー・アービングがエージェント会社を変更
今日は何の日 〜ロケッツが3つの史上初を達成〜
トロント・ラプターズが球団史上初のNBAチャンピオンに!!
セルティックスのアーロン・ベインズがオプトイン
ホーネッツのマービン・ウィリアムズがオプトイン
スティーブン・アダムスがニュージーランド代表のリスト入り
ケンバ・ウォーカー「優勝のためならサラリーの減額も受け入れる」
ゴラン・ドラギッチがオプトイン
ドック・リバースHCがPBWA最優秀監督賞を受賞
ウォリアーズが、第6戦用にケビン・デュラントとオークランドを讃えるタオルを用意
ブルックリン・ネッツ移籍説が急速化しているカイリー・アービング
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.