ニュース

ウェストブルックがキャリア通算100回目のトリプルダブルを達成!!

キャリア通算100回目のトリプルダブルを達成したウェストブルックの活躍により、サンダーがホークスを下した。

ラッセル・ウェストブルックがキャリア通算100回目のトリプルダブルを記録した現地3月13日の試合で、オクラホマシティー・サンダーは第4Q(クウォーター)終盤に16対0の猛攻を見せ、119対107でアトランタ・ホークスに快勝した。

この日、ウェストブルックは32得点、12アシスト、12リバウンドを記録し、見事キャリア通算100回目のトリプルダブルを達成した。736試合目での達成は、オスカー・ロバートソン(277試合)、マジック・ジョンソン(656試合)に次ぐNBA史上3番目に早いペースでの記録達成だ。

ウェストブルックは、トリプルダブルのキャリア通算の総回数に関しても、ロバートソン(181回)、ジョンソン(138回)、ジェイソン・キッド(107回)まであと一歩というところにまで迫っている。

試合は、残り時間5分15秒のところでホークスのトーリアン・プリンスがスリーポイントシュートを沈め、103対103で一旦は同点に追いついたが、ウェストブルックとジェラミ・グラントの活躍もあり、それ以降はサンダーが試合を支配した。

終盤、ウェストブルックは7得点し、グラントはスリーポイントシュートとスリーポイントプレイ(ファールをされながらも2点シュートを決め、フリースローの1点を加えること)を成功させた。グラントの2つの得点は、どちらもウェストブルックのアシストによるものだ。最後は、カーメロ・アンソニーがこの日6本目のスリーポイントシュートを沈め、勝負を決めた。

ホークスのプリンスは、チームトップの25得点を記録した。

-- その他の注目ポイント --

サンダー:第3Q、激しいファールを受けて転倒したポール・ジョージが腰を強打し、途中退場を余儀なくされた。彼はこの試合、12得点にとどまった。
左腰の打撲で欠場した先発センターのスティーブン・アダムスに代わり、この試合はダカリ・ジョンソンが先発を務めた。しかし、彼は7分しかプレイタイムを与えられず、わずか3得点、2リバウンドに終わった。

ホークス:第1Q、審判に不満を訴えたマイク・ブーデンホルザーHC(ヘッドコーチ)がテクニカル・ファールをコールされた。彼は、ニック・ブチャート審判がテクニカル・ファールをコールするまで、コート内に数歩踏み込んで不満を言い続けた。
この試合、ホークスはサンダーよりも多くのリバウンドを取った(ホークス47本、サンダー28本)。
この日の午前中にホークスと10日間契約を結び、この試合でNBAデビューを飾ったデイミオン・リーが13得点を記録した。

アーカイブ

ステフィン・カリー「月面着陸の話はただのジョーク」
ネッツがスペンサー・ディンウィディーとの契約延長に合意!!
ヨナス・バランチュナスが親指を脱臼
レイカーズはトレバー・アリーザ獲得のために若手主力選手を放出するのか?!
NBA選手やレジェンドたちがメキシコに到着!
ダーク・ノビツキーが復帰間近か?
アル・ホーフォードが膝を負傷
16チームが『アーンド・エディション・ユニフォーム』を発表
TJ・ウォレンに罰金処分
ニック・ナースHCの母親が94歳で逝去
ケビン・デュラント「3連覇したら俺たち全員の銅像が作られるだろう」
グレッグ・ポポビッチHCが通算勝利数でNBA歴代4位に浮上
カワイ・レナードが右殿部の打撲によりクリッパーズ戦を欠場
トリスタン・トンプソンが左足の負傷で2〜4週間の離脱へ
ドレイモンド・グリーンが11試合ぶりに復帰!!
サンズがフリーエージェントのエリック・モアランドと契約
ジミー・バトラーが脚の付け根を負傷!!
ブルズのチーム内に亀裂?!
ウォリアーズがスポーツ・パーソン・オブ・ザ・イヤーを受賞
カイリー・アービングが肩の怪我によりペリカンズ戦を欠場
ニック・ヤングがナゲッツと契約!!
デマーカス・カズンズがGリーグで調整へ
レイカーズがトレバー・アリーザの獲得を検討か?!
ドウェイン・ウェイドがキャリア通算1000試合目をプレー!!
ゲイリー・ハリスが3〜4週間の戦線離脱!!
  • 週間NBA
  • DAILYHIGHLIGHTS

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.