セルティックスのジェイソン・テイタムとマーカス・スマートが相次いで負傷

ボストン・セルティックスのジェイソン・テイタムが、現地4月7日に行われたオーランド・マジック戦の第1Q(クォーター)に左すねを打撲して試合を途中退場した。さらに第3Qには、セルティックスのマーカス・スマートも臀部の打撲によりコートを後にしている。 この日、テイタムは6分間プレーして2本のシュートを外したのみの0得点に終わった。プロ入り2年目の今シーズン、彼は1試合平均15.9得点を記録している。 スマートは、この試合で19分間プレーして6得点、4スティールを記録した。今シーズン、スマートはほとんどの試合で先発を務め、1試合平均8.9得点、4アシストを記録している。 ESPNのエイドリアン・ウォジナロウスキー記者によると、スマートは一旦は斜筋の捻挫と診断されたが、試合後の会見でブラッド・スティーブンズHC(ヘッドコーチ)が『斜筋の打撲』と訂正したそうだ。捻挫よりも打撲の方が症状は軽い。 同じ会見で、スティーブンズHCは同9日に控えたレギュラーシーズン最終戦に主力のほとんどを休ませる考えがあることを明かした。 「今日の試合で、私はプレーオフの先発メンバーの組み合わせを最終確認する予定だった。しかし、火曜日の最終戦では大事をとって主力のほとんどを休ませることになるだろう」

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • セルティックス

    選手

    • Marcus Smart
    • Jayson Tatum

    キーワード

    • 怪我
    • 怪我

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. セルティックスのジェイソン・テイタムとマーカス・スマートが相次いで負傷