元オールスター選手のケニー・アンダーソン氏が脳卒中に

元オールスター選手のケニー・アンダーソン氏が脳卒中になったことが分かった。 48歳のアンダーソン氏は、ナッシュビルにあるフィスク大のコーチになって最初の1年目を終了したばかりだ。現地2月26日、フィスク大は「アンダーソン氏と彼の家族に思いと祈りを捧げる」という声明を発表している。 また、アンダーソン氏の妻のナターシャ・アンダーソンさんも「私たち家族全員は、ここ数日間の間に皆さんから受け取った祈りと愛に感謝しています。ケニーが回復するまで、私たちのプライバシーを守って頂けますようお願い申し上げます」という声明を発表した。 フィスク大の声明文とナターシャさんの声明文にはアンダーソン氏の病名については言及されていなかったが、アンダーソン家の広報を担当するリナ・キャタルファーモ・プラス氏により脳卒中であることが明らかにされた。 1991年のNBAドラフト1巡目全体2位でニュージャージー・ネッツに入団したアンダーソン氏は、1991年から2005年までの現役生活の間に、複数のNBAチームでプレーした。彼は、ネッツ時代の1994年にNBAオールスターゲームに出場している。

コメント(0件)

    関連タグ

    キーワード

    • ニュース全般
    • プレミアムムービー

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. 元オールスター選手のケニー・アンダーソン氏が脳卒中に