第68回NBAオールスターゲームはチーム・レブロンが勝利!!

現地2月17日にシャーロットのスペクトラムセンターで行われた第68回NBAオールスターゲームは、178-164でチーム・レブロンがチーム・ヤニスに勝利した。オールスターゲームが東西対抗ではなくチーム対抗の形式になってから、チーム・レブロンは負け無しの2連勝を達成している。 チーム・ヤニスは、キャプテンのヤニス・アデトクンボとクリス・ミドルトンの『ミルウォーキー・バックス・コンビ』が序盤から合計28得点を記録し(フィールドゴールは13本中12本成功)、第1Q(クォーター)を53-37とリードして終えた。チーム・ヤニスは一時20点リードを奪ったが、第3Qに入るとチーム・レブロンがデイミアン・リラードとブラッドリー・ビールの攻撃を起点に18対4のランを見せて一気に追い上げた。 その後は何度もリードが替わるシーソーゲームとなった。試合時間残り4分半の段階で両チームの得点差はわずか3点だったが、そこからチーム・レブロンが10対2のランを成功させて勝利を大きく引き寄せた。 この試合のMVPを受賞したケビン・デュラントは、この日決めた31得点(フィールドゴール15本中10本成功)のうち11得点を第4Q(クォーター)で記録し、チーム・レブロンの勝利の立役者となった。チーム・レブロンでは、そのほかにも9名の選手が二桁得点を記録している。 アデトクンボは、ゲームハイの38得点(フィールドゴール23本中17本成功)、11リバウンド、5アシストを記録した。シャーロット・ホーネッツのケンバ・ウォーカーは、フィールドゴールこそ8本中2本成功と振るわなかったが、ゲームハイの8アシストを記録している。特別枠としてロスター入りしたベテランのダーク・ノビツキーは、第1Qの終盤の選手交代で試合に登場すると、わずか4分間の間に3本中3本の3ポイントシュートを決めて会場を沸かせた。今シーズン限りでの引退を表明し、ノビツキーと同じく特別枠でロスター入りしたドウェイン・ウェイドは、7得点、4アシストを記録してチーム・レブロンの勝利に貢献した。

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ヤニス
    • レブロン

    キーワード

    • ニュース全般
    • プレミアムムービー

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. 第68回NBAオールスターゲームはチーム・レブロンが勝利!!