ディロン・ブルックスの今シーズン残り試合全休が決定

現地1月5日のサンアントニオ・スパーズ戦で右足親指の腱を断裂したメンフィス・グリズリーズのディロン・ブルックスが、手術に踏み切ることが分かった。 グリズリーズは、怪我から数日経った同9日にブルックスが手術を受けることを発表した。The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、ブルックスは今シーズンの残り試合を全休することになるが、夏までには怪我が完治する見込みなので、開幕前のトレーニングキャンプには万全の状態で臨めるようだ。 ブルックスは昨年11月上旬にも左膝の捻挫で欠場していたため、今シーズンの彼の出場試合は僅か21試合に終わった。 身長198cmのガードのブルックスは、2017年のNBAドラフト2巡目全体45位でヒューストン・ロケッツに指名された直後にグリズリーズにトレードされた。プロ入り1年目の昨シーズン、彼はチームで唯一レギュラーシーズンの82試合にフル出場を果たしている。

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • グリズリーズ

    選手

    • Dillon Brooks

    キーワード

    • 怪我
    • 怪我

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ディロン・ブルックスの今シーズン残り試合全休が決定