カイリー・アービングが亡き母の故郷へ

ボストン・セルティックスのスター選手のカイリー・アービングが、彼の亡き母がかつて住んでいたスタンディング・ロック・インディアン居留地を訪れるようだ。 Rapid City Journalが報じたところによると、ノース・ダコタとサウス・ダコタの境界に住むスタンディング・ロック・スー族が、彼らの居留地を初めて訪れるアービングのために盛大なセレモニーを催すそうだ。 アービングの亡き母、エリザベス・アン・ラーソン氏は、幼少期に養子に取られた際に部族を後にした。 同部族によると、アービングは、居留地のすぐ外側で多くのデモ隊によって行われたダコタ・アクセス・パイプライン運動を支持していたそうだ。 先日、アービングは、かかと部分にスタンディング・ロックがデザインされたバージョンのシグネチャー・シューズを発表している。

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • セルティックス

    選手

    • Kyrie Irving

    キーワード

    • ニュース全般

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. カイリー・アービングが亡き母の故郷へ