ブレイザーズのユスフ・ヌルキッチ「デイミアン・リラードに出会って俺のバスケ人生が変わった」

ポートランド・トレイルブレイザーズのユスフ・ヌルキッチは、デンバー・ナゲッツに在籍していた3年前まで、ただひたすらに自分の価値を認めてもらうためにプレイしていた。しかし、2017年にブレイザーズに移籍してデイミアン・リラードに出会ったことで、ヌルキッチの「バスケットボール観」はガラリと変わったそうだ。 ヌルキッチとリラードの関係について、『Clutchpoints.com』のブルーノ・マンリケ記者は以下のようにまとめている。 ヌルキッチは、自分のバスケットボール人生の転機となったリラードとの出会いに、一生感謝するはずだ。『The Athletic』のジェイソン・クイック記者のインタビューで「ブレイザーズに来た時、俺は人生で最悪の状態だった。バスケットボールの面でも、私生活の面でもね。当時は、全てが悪い方向に向かっていたんだ。NBAで自分の力を証明するためだけにプレイしていた。俺にはその価値があると思っていたからね。そんな時、デイム(リラード)に出会った。彼は『お前がやりたいことはそれなんだな。じゃあその通りにやってみろ』と、アドバイスしてくれたんだ。そのアドバイスは、俺の人生にとって最も大きな出来事になった。特にバスケットボールの面でね。彼との出会いは、俺のバスケットボール人生にとって最も大きな出来事だ」と語っている。 リラードとヌルキッチの師弟関係は、すぐに親友同士の関係にも発展した。人を寄せ付けないタイプのヌルキッチにとって、これはとても珍しいことだ。 ヌルキッチと親友関係になったことについて、リラードは「俺はヌルキッチのためではなくチームのために指示や意見を出している。彼がそのことに気付いたことで、俺たちの親友関係は更に深まった。俺たちは頻繁に会話するようになり、彼は俺の家に来るようになった。すると、俺たちのコート上での関係はさらに高いレベルに上がったんだ。そのおかげで、俺は試合中に彼に向かって『何やってるんだ! ボールを回せ! 変なパスを出すな!』と叫ぶことができるようになったんだ」とコメントしている。 2014年のNBAドラフト1巡目全体16位指名でNBA入りし、これまでのキャリア通算310試合で1試合平均11.6得点、8リバウンド、1.9アシストを記録しているヌルキッチは、昨年3月の試合中に負った大怪我からの復帰を目指している。再びヌルキッチとリラードのコンビネーションを見ることを、ファンは心待ちにしている。

■初月無料でNBAを観る

コメント(8件)

  • 008
    なおまろ
    3週間前

    ヌルキッチ戻ってきたらホワイトサイドはどうなるんだろう?トレード出すのかな?

    0
  • 007
    アーモンドスライサー
    3週間前

    いつ帰ってきそうですか?早く来てくれーぬるー!!

    0
  • 006
    球道🏀
    1か月前

    自分がブレイザーズファンになったのは去年からなので、ヌルキッチが実際にプレーしてるのはまだYouTubeとかの動画以外では見た事がありませんが、ベンチでの明るさやメロがコートでハッスルプレーした時に体を起こしにベンチからコートの反対側まで起こしに駆け寄ってたのを見て、元々人を寄せ付けないタイプだったのは意外でしたw

    1
  • 005
    Damian
    1か月前

    昨年から見始めたNBAですが、ヌル吉とデイムにはこんな友情あったんやね。ポートランドという都市くるみでも、俺は君たちを応援したいと心から思えるよ。苦しい台所事情だけど、一丸となってチームを引っ張ってくれ!

    6
  • 004
    JRSmith
    1か月前

    チーム愛も地元愛も選手との交友関係も模範的なリラード。まるで・・・。ろっしーさんのようですね😭

    3
  • 003
    Dame
    1か月前

    ヌル吉のファン対応の薄さは前々から知ってるけどでも応援したいわずっと

    5

関連タグ

チーム

  • トレイルブレイザーズ

選手

  • Damian Lillard
  • Jusuf Nurkic

キーワード

  • ニュース全般

人気

特集

  1. NBA Rakuten トップ
  2. 最新ニュース一覧
  3. ブレイザーズのユスフ・ヌルキッチ「デイミアン・リラードに出会って俺のバスケ人生が変わった」