マジック・ジョンソン球団社長「今シーズン中はルーク・ウォルトンHCをクビにしない」

マジック・ジョンソン球団社長は、ルーク・ウォルトンHC(ヘッドコーチ)とロサンゼルス・レイカーズが調子を上げることを望んでいる。彼は、ウォルトンHCが結果を出すまで辛抱強く待つ構えのようだ。 ジョンソン球団社長は、Los Angeles Timesのインタービューの中で「何か衝撃的な出来事が起こらない限り、彼は今シーズンの終わりまで指揮を執り続けるだろう」と明言した。 先週はじめに、ジョンソン球団社長はウォルトンHCを叱責したと言われているが、それも全て彼に対する信頼の表れなのだろう。今オフにレブロン・ジェームズを獲得したことで大きな期待を寄せられたレイカーズだったが、ここまでは苦戦が続いている。彼らは現地11月4日のトロント・ラプターズ戦に敗れたことで今シーズンの成績を4勝6敗とし、ウェスタン・カンファレンスの11位タイに沈んでいる。 しかし、ジョンソン球団社長は、チームがシーズン序盤に苦戦することは最初から予想しており、むしろウォルトンHCの手腕によってチームがこれから良くなっていくことに期待しているようだ。 ジョンソン球団社長は、ウォルトンHCとの関係について以下のようにコメントしている。 「私は自分の考えを彼に伝え、彼はそれを受け止めた。我々の関係は良好だよ。彼を叱責したことなんて、大した問題ではない。」

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • レイカーズ

    キーワード

    • ニュース全般
    • 俺たちのNBA
    • NBA開幕特番

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. マジック・ジョンソン球団社長「今シーズン中はルーク・ウォルトンHCをクビにしない」