ジェームズ・ハーデンの離脱は当初の予想よりも長引く?

ハムストリングを痛めて欠場中のヒューストン・ロケッツのジェームズ・ハーデンは、当初の予想よりも長く戦線離脱することになるかもしれない。 練習後に記者団のインタビューに応じたロケッツのマイク・ダントーニHC(ヘッドコーチ)は、現地11月2日の対ブルックリン・ネッツ戦にハーデンが欠場する可能性を示唆した。アウェイでユタ・ジャズに敗れた現地10月24日の試合でハーデンは負傷し、左ハムストリングの捻挫(重症度はグレード1)と診断されていた。 ロケッツでは、他にもフォワードのジェームズ・エニス3世が現地10月21日の試合で右ハムストリングの捻挫(グレード2)をしており、彼の復帰時期も予想より遅くなる可能性が囁かれている。 Houston Chronicleのジョナサン・フェイジェン記者が、ダントーニHCが記者団に対して語ったコメントを以下のようにまとめている。 「ハーデンの怪我は順調に回復している。あとは復帰時期をいつにするか決めるだけだ。今のところ、それがいつになるかは分からない。今週末、チームが遠征に出ている間に、彼ら(ハーデンとエニス)は再検査を受ける予定になっている。できれば、その時に良い結果が出れば嬉しいが、それはあくまでも私の希望だ。まだハッキリとは言えないが、現地11月2日の試合にハーデンとエニスが出場することは難しいだろう。我々は『難しいだろう』と考えているが、ハーデンは『プレーできる』と考えているかもしれない。だが、我々は『あくまでも予防的処置として休ませるんだ』と言ってハーデンを納得させるつもりだ。」 ロケッツでは、他にもネネィ、ジョウ・チー、マーキス・クリスらが怪我のため開幕から5試合を全休している。しかし、ジョウとクリスは今週からチーム練習に復帰しており、既に怪我人リストから通常のロスターに戻されている。 ロケッツの次戦は、現地10月30日の対ポートランド・トレイルブレイザーズ戦だ。

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ロケッツ

    選手

    • James Harden

    キーワード

    • 怪我
    • 怪我
    • 欠場

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. ジェームズ・ハーデンの離脱は当初の予想よりも長引く?