クリス・ダンが左膝内側側副靱帯の怪我で4〜6週間欠場!

2018-19シーズン開幕早々から、シカゴ・ブルズに怪我人が相次いでいる。 ブルズのフレッド・ホイバーグHC(ヘッドコーチ)は、先発ガードのクリス・ダンが左膝の内側側副靱帯の怪我により4〜6週間欠場すると発表した。ホイバーグHCによると、ダンは現地10月22日の対ダラス・マーベリックス戦の第2Q(クォーター)に負傷していたそうだ。この試合が今シーズンの初出場だったダンは、先発出場で30分間プレーし、9得点4リバウンド7アシストという活躍を見せていた。 今シーズンのブルズは、スター・フォワードのラウリー・マルッカネンが肘の怪我により少なくとも11月中旬まで欠場することが既に決まっており、2年目のデンゼル・バレンタインも左足首の骨打撲によりまだ1試合もプレーしていない状況だ。バレンタインは、少なくともあと2週間は欠場することが決まっている。 ダンは、育児休暇のため開幕から2試合を欠場しており、怪我をしたマーベリックス戦でようやく今シーズンの初出場を果たしていた。ハーフタイムに負傷箇所を検査した時点では、彼は試合終了までプレーを続行できると診察されていた。しかし、試合終了後に再検査した際に、チームはダンにMRI検査を受けさせるべきと判断したと、Chicago TribuneのKC・ジョンソン記者がリポートしている。 ジョンソン記者によると、ホイバーグHCは、キャメロン・ペインやライアン・アーチジャコノ、タイラー・ユーリス、シャキール・ハリソンらがダンの分までステップアップする必要があると語っているそうだ。 ジョンソン記者が、ホイバーグHCのコメントを以下のようにまとめている。 「タフな状況だ。我々は開幕2試合をダン抜きでプレーした。そして今、ダンが今後しばらく負傷離脱することが明らかになった。これは非常に難しい状況だ。ダンは昨シーズン素晴らしい成長を遂げたし、今夏のサマーリーグやトレーニングキャンプでも良いプレーを続けていた。それだけに、彼がいなくなるのは非常に痛い。ラウリー(マルッカネン)も夏に素晴らしいプレーをしていた。怪我人が相次いでいるからといって、誰も助けてくれやしない。怪我人の代わりに誰かがステップアップしないといけないんだ。2番手3番手の選手にとっては、この状況は自分達の力を示すための大きなチャンスなんだ。」

コメント(0件)

    関連タグ

    チーム

    • ブルズ

    選手

    • Kris Dunn

    キーワード

    • 怪我
    • 怪我
    • 欠場

    人気

    特集

    1. NBA Rakuten トップ
    2. 最新ニュース一覧
    3. クリス・ダンが左膝内側側副靱帯の怪我で4〜6週間欠場!